高画質画像はこちらより。

こんにちは、
相武台脳神経外科です。

お盆休みがすぎ、
はや一週間が経過しようとしております。
まだまだ暑い日が続きますね!
雨の振り方も激しくなっておりますので、
どうぞお気をつけください。

さて、
今回も引き続きチャンネルSでは、

私の最も信頼させていただいている
国際関係アナリスト北野幸伯さんに
お話を伺っております。
今回は、いよいよ最終回となります。
最後に、総括の意味も含めまして、
現在の日本の状態、
そしてこれから私達日本人が、
意識するとよいことを中心に
北野さんからのメッセージを頂きました。
非常に貴重な内容となっておりますので、
20分という時間ですが、
お時間を作って視聴していただけますと幸いです。

前回までの内容
「洗脳」に関しての第1回目は、
こちら
日本の政治家が三流と言われる理由に迫る第2回目は、
こちら。
「世界の外交は〇〇目的だけに単純に行われている。」
国際関係の非常に本質をついた原則に関して迫った第3回目は、
こちら。
日本が国際社会から期待されていた役割を浮き彫りにした第4回目は、
こちら。
日本人が気づかずにもっている圧倒的なパワーを露わにした第5回目は、
こちら

これまで、本ブログ上で北野幸伯さんを
何度かご紹介させていただきました。
まだ、未読の方は下記より、
ご覧いただけます。

北野幸伯さんを訪れた際に記したブログ
(ロシア行きを、一時断念した際に書いたブログ
北野幸伯さんの著書「プーチン最後の聖戦」を紹介したブログ

本ビデオ講座を視聴していだだくことで、ご理解頂ける内容な下記となります。
少しでも、能動的な作業が加わるとより理解が深まります。
下記の質問の回答あるいは、本ビデオ講座を視聴後の感想をコメント欄へ書き込んでいただけますと幸いです。
  • 北野さんの勧める正義とは〇〇すること。
  • お金儲けと正義は両立することが可能か?
  • 金をそのものを稼ぐためか?良いことをするためにお金を稼ぐのか?
  • お金儲けしていて悪い状態は、どのような状態か?
  • 北野さんが勧める日本が生きる道とは?〇〇するためにお金儲けする。
  • 世界の人が気付き始めているアメリカ合衆国が目指している本音とは?
  • 歴史的に、民主主義、社会主義などのイデオロギーを支配者がどのように利用していきたか?
  • 今後世界の民衆が夢を描ける、イデオロギーとは?
  • 国家のライフサイクルのお話。
  • 北野さんは、世界がどのような方向へ向かっていると考えているか?
  • その方向は、加藤は本質へ向かう方向を考えている。加藤は、本質とは無理の無い状態と考えている。
    このように、無理の無い状態へ、状態が変化していくことを物理学では、何法則と呼ぶか?
  • 世界が白人帝国主義から民族平等へむかう転換期となった、
    歴史的な役割を日本が果たした戦争とは?
  • 世界の中で、新たな価値観を提供し貧富の差をなくす価値観を、
    提言できる潜在能力をもった国はどこと北野さんは考えられているか?
  • 加藤は、国家の冬の時期はどのような時期と考えているか?
  • 北野さんは、これらはどの地域の時代と考えられているか?
  • 北野さんが考える今後の中国の成り行きは?
  • 中国国民が共産党一党独裁で満足している状態とは?
  • 北野さんが、日本国民が気が付かなければいけないといわれる今の日本の状況とは?
  • 北野さんが、提言する日本が自立するために日本国民一人ひとりができることとは?
  • 今回のまとめ:

まずは、私達日本国民一人ひとりが、自分の行動に責任を持つ。
つまり自分におこる出来事を自分以外の責任にするのではなく、
全ての行動に、私が〇〇する。
と、「私が」をつけて考える。
その行動が、
日本国民一人一人の状態を、良くし、
個人の行動が、
日本全体に良い影響を及ぼし、ひいては、
世界全体に良い影響を及ぼすことになる。

その決断が、

決断した個人を幸せにし、
その周囲を幸せにし、
日本全体を幸せにし
世界全体を幸せにしていく。

そのことを、
真剣に考えることができるチャンスを現在、
日本の私達は与えられている。

全6回 お付き合いいただき大変ありがとうございました。
今後共チャンネルSを何卒よろしくお願いいたします。

そして、北野幸伯さん、貴重なお話ありがとうございました。
少しでも、「私が」お話内容を実践していきます!

 

 下記お勧めリンク

当院院長加藤貴弘へのインタビュー

覚悟の瞬間(とき)
経済界、スポーツ界、文学界などの様々な分野で活躍する専門家の
「覚悟の瞬間」を切り取り、配信している動画サイト

 緊急報告:人類がすでに手にしている放射線障害への知られざる武器

相武台脳神経外科「就職の羅針盤」
共通の志のもと、切磋琢磨しともに成長するチームメート随時募集中。

超高濃度ビタミン点滴療法。

 

参考: 国家のライフサイクル理論、国家の季節理論に関して 加藤の私見。
(以下うるおぼえで申し訳ございません。)

私の理解では、
国家のトレンドを 人口動態 や GDPでとらえる方法が ライフサイクル理論。
国家のトレンドを 「世代」でとらえる方法が、季節理論ではないかと感じています。

国家季節理論

世代で国家のトレンドを見る方法:国家の季節を考える ジェームス・スキナー経営者育成塾より

季節によって社会のムードは全く変化する。
季節の変化のきっかけは一つの出来事のことがおおい。
じわじわと季節は変化しない。
一つの出来事で一気に変化する。
社会の冬は、金持ちが誕生する時期。新しい価値観の芽生える時期。
冬はリーダーシップを発揮できる大きなチャンスを与えてくれる。
1つの季節はほぼ20年 これは、人の一生80年 のリズムと関係する。
春 
夏 政府で働く友達をもつだけで批判される 
秋 離婚率が高くなる
冬 家族の絆が強くなる 。政府に対する 信頼が高まる 冬 対人関係が極めて大切にされる。

例えば、日本

春:日本国憲法制定〜東京オリンピックまで 
夏:東京オリンピック〜高度成長〜バブルの崩壊ではなく湾岸戦争勃発の日
秋:2011年3月11日 東北大震災まで
冬:東北大震災から〜
80年前の冬の始まり:日中戦争勃発時
160年前の冬の始まり:黒船来航

例えば、アメリカ合衆国(不完全で申し訳ございません。)
冬ブラック・マンデー 〜 終戦 
春終戦〜 ケネディ暗殺    
夏      
秋     〜911事件
冬 911事件〜
トレンドは変えられない 
たとえば、25年前に9.11が起こっても冬にはならなかった。  

季節の世代ごとに下記の特徴があるようです。

■春に生まれて夏に成人する人:預言者の原型
「オビ=ワン」「中村天風」(中村天風は一つ前の夏)
預言者は困ったことを知らずに育つ。 
戦後に生まれて高度成長の時期に成人する人の特徴特徴:
物的なことを否定し始める ヒッピーなど お腹をすかしたことがないから

■夏に生まれて秋に成人:放浪者が原型の世代
国を信頼すべきと思わない 
国に無関心の世代 1つの企業で一生涯過ごすことを考えられない。
放浪者の世代の親は、
高度成長の管理にいそがしかったり、精神的な目覚めの旅にでたり
両親に放っておかれた世代 放浪者の世代は、
両親とのつながりがうすく 鍵っ子の世代。 
「ハン・ソロ」

■秋に生まれて冬に成人:ヒーロが原型の世代 
「ルークスカイウォーカー」松下さん 森田さん 本田さん 
ヒーローは預言者(戦前は中村天風)から武器をさずかる。
現代の、預言者は?ヒーローは?

■冬に生まれて春に成人:芸術家が原型の世代

ジェームスは、時代のトレンドを読んで生活するとうまくいくと話していました。
種の蒔く時期が決まっているように季節によって行う行動は決まっている。
冬だからといって悪い時期ではない、冬には冬の楽しみ方がある。

 以上うるおぼえ国家季節理論でした。