┏ご挨拶: 入梅。
┣当院からのお知らせ: 
①ナチュラル・ハーモニー代表 
河名秀郎さんインタビュー第6回
(最終回)
②北里大学脳神経外科主任教授  
隈部俊宏先生
特別講演第7回
「脳腫瘍について、
手術療法にポイントをおいて」
(最終回)
③「里山資本主義」
藻谷浩介さんインタビュー第2回
┗スタッフからの最近のコネタ:果物に関しまして
編集後記:編集担当の交代のお知らせ。

Fotolia_84938120_S

■□ご挨拶━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥
5月はいつも以上に暑い日も多かったのですが、
6月に入り、いよいよ梅雨の時期ですね。
この時期は気圧の変化などもあり、
痛みなどの症状が出やすくなってきます。
体の声を聞きながら、
自分自身の体をいたわり、
体のケアしていってくださいね。

それでは、
相武台脳神経外科メールマガジン第27号
をお送りいたします。

■□当院からのお知らせ━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

お知らせ 1
当院では、健康への道において、
食を非常に重要視しております。
農業において、
もっとも生命エネルギーの
強い作物を生産するには、
どの様にしたらよいか?
30年近く前からそのことのみを
追求してきた会社があります。
株式会社ナチュラルハーモニーです。
その会社の行き着いた究極の農業の基本。
「無農薬、無肥料。」
その詳細を代表の河名秀郎さんに伺いました。
本来生物はどのようにあるべきか?
実は、私達日本人の思考で盲点になりやすい、
「あり方」に関して、
非常に示唆に富んだお話をいただきました。
チャンネルSから
6月25日にその第6回目(最終回)を、
配信させていただきます。

第1回目は、こちら
「無農薬、無肥料で育てた作物の生命力が
強いという盲点。」
第2回目は、こちら
「医療と無縁に一生を送る簡単な方法。」
第3回目は、こちら
「生き物が本来ありたい姿。」
第4回目は、こちら
「自然栽培がめくる、人類の第2ページ。」
第5回目は、こちら
「食べることとは、その栄養素を食べることではない。」

 

お知らせ 2

北里大学脳神経外科主任教授
隈部俊宏先生に
当院まで来院いただき、
「脳腫瘍の治療」に関して、
手術療法にポイントをおきまして
ご講演いただきました。
第7回目(最終回)を7月2日に、
チャンネルS市民公開講座より、
配信予定です。

第1回目はこちら
第2回目はこちら
第3回目はこちら
第4回目はこちら
第5回目はこちら
第6回目はこちら

お知らせ 3

本当に私達が望む生き方とは、何か?
この根源的な問いができる時期に、
私達日本人は、歴史的にみても、
きているのかもしれません。
それは、実は千載一遇のチャンスです。
その問いを私達に強烈に、
投げかけていただけた本が
あの2014年新書大賞を受賞した
「里山資本主義」です。
今回チャンネルSではなんと、その著者である
藻谷浩介さんを当院へお招きして
インタビューさせていただきました。
限られた時間のなかで、非常にエネルギッシュで
パワフルなお話をいただきました。
最初から、スピード感にあふれ、
どんどん盛り上がっていき、インタビューの最後は
涙が出そうになるくらい感動させていただけた
内容になっております。
全内容100分超で、
今回はその第2回目16分を
7月9日にお送りいたします。
是非ご期待ください。

第1回目は こちら
「現代日本社会は、フィクションである!?」

■□スタッフからの最近のコネタ━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

今回も身近にできる健康法というテーマで、
皆様に情報を配信していきます。

夏も近づいて、暖かい季節になりますと、
豊富な種類の「果物」が市場に出回ります。

果物は様々な栄養素を豊富に含んでおり、
健康維持に最適な食べ物として知られています。

しかし、日本人一人当たりの果物の摂取量は、
先進国の中ではかなり低いと統計で出ており、
日常的に摂取されている方も少ないと思います。

諸外国と比べ、加工や調理方法などのバリエーションが少なく、
また食事と分けられた存在であるために
あまり浸透されてないのが要因の一つとされております。

日本では、厚生労働省が公表した、
21世紀における国民健康づくり運動「健康日本21」において、
野菜と共に、果物の摂取量の増加を大きな目標としております。
循環器疾患の予防や2型糖尿病の一次予防、
消化器の癌などの予防に効果的であるという研究報告もあり、
摂取量の増加を推進しております。

現在何かしらの疾患を抱えている人や、
服用中のお薬の種類によって制限されている方は別ですが、
そうでない方は、日常生活において、
野菜と共に適度に摂取することをおすすめ致します。

<鍼灸師 江澤和寿>

 下記お勧めリンク

編集後記;

今回から最初のご挨拶と編集後記を
担当させていただくことになりました。
不慣れな点が多々あると思いますが、
よろしくお願い致します。
先月号で院長が「多くの出会いに感謝」
と書かれていましたが、
私もたくさんの出会いの中で、
学ぶべきものがたくさんあり、
その出会いによって刺激を受け
今に至っていると思います。
この世の中には出会わない人は
本当にたくさんいるのに、
今出会って接することが
できている人はごく一部の方です。
数ある人のなかで出会った人たちを
本当に大切にしていきたいと思いました。
最後までありがとうございました。

<看護師 平田真矢>