┏ご挨拶: 相武台も梅雨入り!
┣当院からのお知らせ: 
①市民公開講座:不妊治療現場から衝撃の真実公開。
大宮レディスクリニック 出居貞義先生 第1回
②チャンネルS:早島英観さん 第4回
┗スタッフからの最近のコネタ:「梅雨の時期に気をつけたいこと」
編集後記:ヘアドネーション

■□ご挨拶━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥
 6月になり、やっと暖かい日が続くように
なってきたと思ったら
関東地方の梅雨入り宣言ですね。
新しい環境にも慣れてきた時期ではないでしょうか。
忙しさも変わらない方もいらっしゃると思いますが、
毎日少しの時間でも体の声聞いていきながら、
体のケアしていってくださいね。
それでは、
相武台脳神経外科メールマガジン第51号
をお送りいたします。
■□当院からのお知らせ━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

おしらせ1

市民公開講座:不妊治療の真実

現在、日本人の多くの夫婦を悩ます不妊症。
本当に切実な問題です。
しかし、妊娠するということにフォーカスすると
問題がはっきり見えてきませんが、
なぜ、妊娠しないか?ということにフォーカスすると
意外に問題解決が、難しくないことに気付かされます。

不妊という状況に、振り回され、結果を取り繕うために
莫大な費用を投じるのか?
冷静に根本的な理由に目をむけ、
「楽々すいすい」で問題解決に向かうのか?

今回は、不妊症に対して根本的な
問題提起をされている、
大宮レディスクリニック 
出居貞義先生をお招きしてお話を伺いました。

不妊で悩まれている方必見です。
6月15日チャンネルSより
第1回目配信予定です。
出居先生プロフィールはこちら

おしらせ2

当院は開業以来、一貫して
体との向き合い方を発信し続けてきております。
それは、自分自身の「在り方」と
切っても切れない関係があり
本質的な部分では、宗教ともリンクする内容でもあります。
ただ、宗教では「思い込む」ことと
「信じる」ことが誤解されやすく、それを
誤解した瞬間に、宗教は、狂気と化します。
そのため、宗教という、
言葉に嫌悪感を抱く、日本人は
多いのが実情ではないでしょうか?
しかし、本質的には宗教は、よりよく生きるための手段であり、
限定的なものではなく、無限の可能性を秘めているものと考えます。
現在、若いお坊さんの中でそのような、可能性を見つめ直そうという
動きがあり、その最前線で、活動されておられる
早島英観さんを当院にお招きしてお話を伺いました。
早島英観さんは、趣味がサーフィンで、さらに、
衝撃的なことに、収録途中に、偶然にも
当院ととても深い関係にあることがわかりました。

是非、お楽しみに!

第4回は、チャンネルSにて6月22日配信予定です。

第1回目は、こちらより。
第2回目は、こちらより。
第3回目は、こちらより。

■□スタッフからの最近のコネタ━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
6月は梅雨の時期ではありますが、
紫陽花が大変美しい季節で、梅雨ならではの風情を感じます。
今回も、身近な健康に関する情報を発信してまいります。
今回は、「梅雨の時期に気をつけたいこと」についてです。

東洋医学では「湿邪(しつじゃ)」という考え方があります。
体内に余計な水分(湿気)が溜まることで、
様々な悪影響がもたらされることを指します。
室内には湿気がたまり易いので、雨の多い時期ではありますが、
できるだけ換気を心掛けることが重要です。
換気で窓を開ける際には、空気の通り道を確保することが重要であり、
反対側に窓がある場合は、その窓も開けることが効果的です。
窓がない場合は、換気扇やサーキュレーターを使用し、
空気の流れを作ることができます。
また、この時期は、カビやダニなども繁殖しやすいので、
食中毒には十分注意をして過ごしましょう。
<鍼灸師 江澤 和寿>

  •  下記おすすめリンク


編集後記; 
 1年くらい前にテレビでヘアドネーションのことを知り、髪を寄付しようと決めました。
 ヘアドネーションとは、主に子供たちに無償で医療用ウィッグを提供するための髪のボランティアで、一つのカツラをつくるのに20−30人くらいの人の髪の毛が必要だと聞きました。
 カラーリングやダメージがある人でも31センチ以上の髪の毛があれば寄付ができると美容室で確認し、賛同美容室で私は髪の毛を切りました。
 3年くらい伸ばした髪ですが、切るのはあっという間でした。ボブにするのは中学生以来でなかなか見慣れない自分に戸惑いがありますが、新しい自分になれて楽しんでします。
 今回のことで自分にもできることはたくさんあるんだと知ることができ、自分にできることは少しづつしていこうと思います。たくさんの子供達が笑顔になれますように。
<看護師 平田真矢>