┏ご挨拶: 

┣当院からのお知らせ: 

①不妊症について 出居貞義先生最終回

②ココロとカラダの健康塾、運動のパート 当院院長加藤貴弘
大來尚順さん どうしても英訳できない何気ない日本語 チャンネルS第1回
④子供さんの学力低下の原因は? 原田塾 原田修平先生 チャンネルS第1回
⑤赤木春恵ギネス記録獲得作品映画プロデューサー 村岡克彦さんチャンネルS第1回
┗スタッフからの最近のコネタ:閉蔵

編集後記:脳科学から AIと 子育てについて

Young mother and her daughters by a fireplace on Christmas

■□ご挨拶━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥
 街ではクリスマスの飾り付けやイルミネーションがキラキラしていて綺麗ですね。
 もう12月今年も終わりが近づいていますね。クリスマスの準備、年末年始の準備などで、一年で一番忙しい月ではないでしょうか。
 忙しさに流されずに毎日の体の声を聴きながら体のケアしていってくださいね。それでは、
相武台脳神経外科メールマガジン第69号をお送りいたします。
■□当院からのお知らせ━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

お知らせ 1

現在、日本人の多くの夫婦を悩ます不妊症。

本当に切実な問題です。

しかし、妊娠するということにフォーカスすると
問題がはっきり見えてきませんが、

なぜ、妊娠しないか?

ということにフォーカスすると
意外に問題解決が、
難しくないことに気付かされます。

不妊という状況に、
振り回され、結果を取り繕うために
莫大な費用を投じるのか?
冷静に根本的な理由に目をむけ、
「楽々すいすい」で問題解決に向かうのか?

今回は、不妊症に対して根本的な
問題提起をされている、
大宮レディスクリニック 
出居貞義先生をお招きしてお話を伺いました。

不妊で悩まれている方必見です。
出居先生プロフィールはこちら

今回は、第5回(最終回)となります。
12月27日に配信予定です。

第1回目はこちら
第2回目は、こちら
第3回目は、こちら
第4回目は、こちら

おしらせ 2

今年の9月に、寺子屋学の中の、
ココロとカラダの健康塾という企画がスタートしました。
これは、 コンビニの数より多い 日本のお寺から、仏教という宗教から
一歩距離をおいて、日本人の本来のあり方を見直していこうという目的ではないかとは
思うのですが、(この捉え方は、僕個人的な捉え方です。)
その、運動というパートで、お話させていただきました。
当院メルマガを 読まれた方に、
僕の部分だけ、映像を販売させていただきます。
THE HEALTH ACADEMY より
今月中に配信させていただきます。
よろしくお願いいたします。

その概要は寺子屋学にて、紹介されております。
こちら

おしらせ3

ココロとカラダの健康塾でお世話になった、
浄土真宗本願寺派 超勝寺 副住職であり、
翻訳家としても活躍する僧侶の大來尚順さんが、
チャンネルSにご出演いただきました。
ハーバード大学をご卒業されたという経歴から、
英語から仏教さらには、日本語を考えるという切り口でお話いただきました。
普段私達がなにげなく、喋っている、日本語の奥深さに感動しました。
第1回を12月6日にチャンネルSより 配信させていただきます。

おしらせ 4

僕自身当院に来院される頭痛をはじめとする
様々な体の不具合をかかえられている小児患者さんの数の多さを実感しております。
それは、現代の都会で成長することの生活環境の悪さがあるのかもしれませんが、
その不健康さが、やはり教育の現場にも直撃していると伺います。
今回は、教育の最前線で働かれている八王子 原田塾 塾長
原田 修平先生を チャンネルSにお招きしてお話を伺いました。
第1回は、12月13日配信予定です。

おしらせ 5

11月29日女優の赤木春恵さんが、亡くなられました。94歳でした。
実力派としてとても多くの名脇役の印象が強い赤木さんですが、
88歳にして 映画初主演を果たしております。
その記録は、
世界最高齢での映画初主演女優”として、ギネス世界記録に認定されております。
そしてその作品の名前は「ペコロスの母に会いに行く」です。
認知症の方の、エピソードを映画化されたもので、
その映画を プロデュースされた、村岡克彦さんに、
チャンネルSに来院いただき、お話を伺いました。
第1回は、12月20日配信予定です。

■□スタッフからの最近のコネタ━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
12月になり冬本番の季節となってまいりました。
東洋医学では冬の時期を「閉蔵」といいます。「閉蔵」とは、「蔵に閉じて収める」という意味で、冬は、体内の生命エネルギーの発散を防ぎ、春の芽生えの時期に爆発的な成長に向けてエネルギーを蓄えるという季節です。

東洋医学の基礎となっている医学書である『黄帝内経』によると、生活のリズムは、他の季節とは異なると記されています。冬は、夜は早く寝て、日の出とともに起きます。一般的に早寝早起きが健康法と言われているが、実は、これは日の長くなってきた春によい生活習慣リズムであると書かれております。また、身体を動かす事は重要ですが、過度に動かしてエネルギーを発散し過ぎるのは良くないとされています。精神的にも気を静め、普段の生活に満足をして過ごすことが良いとされています。冬は、このような生活スタイルが、自然との調和がとれた生活リズムであるとされています。

次回は、東洋医学的な視点からの冬の食事方法について書いていきたいと思っております。
<鍼灸師 江澤和寿>

  • LINE@からも情報発信させていただいております。
    友だち追加

編集後記; 
 先月学校のブロック研修会といって保護者や先生、地域の方々が参加する勉強会に参加してきました。
 今回の講師は、脳科学の先生のお話でした。AIを研究をしていて、その研究と子育てについてのお話でとても興味深いものでした。
 よく、男女で男性の気持ちがわからない、女性の気持ちがわからないということがありますが、それは脳が違ったから。男脳と女脳があって、男脳は3メートル先のことに目がいく、女脳は半径3メートル以内のことを察知できるというものでした。話を聞いていてなるほどと思った点があり、よくうちの男の子たちは目の前の定規を探せなかったり、教科書を探せなかったりがよくあります。目の前にあるのにといつも怒ってしまっていました。
 そして話し方についても違いがありました。女の人は感情を主に話して、男の人はその出来事についてを聞き取ろうとするみたいです。例えば女の人は悲しい、楽しいということを伝えたい、でも男の人はその前後の出来事についてのことを聞いてしまうので、その感情については触れずに話をしてしまってといった感じです。男の人に話すときは結論をはっきりと話す、そして2分以上(男の人は2分以上の話は頭に入ってこないらしいです)は話さないことで、お互いにズレなく会話をすることができるみたいです。
 うちには2人男の子がいますので、いつも本当に行動が理解できないこと、話をどうして聞けないのかと思うことが多かったのですが、今回のお話でなるほどと思うことができ、脳を知ると自分の視野が広がっていくように感じました。子供達のわからない行動も理解していけたらと思いました。
 そして、最後に先生が早寝早起き朝ごはんが何より脳に良い影響を与えると11年の研究でわかったこととお話ししていたので、本当に体にいいことは原点に戻っていくんだなと感じました。
 それは、寝ている間に起きている出来事を整理して記憶に残しているという作業をしているので質の良い睡眠はとても大切で、よく眠るためにはきちんと湯船に浸かる。そしてそれができないときは足湯だけでも効果があるそうです。
 早寝早起き朝ごはん、しっかり子供たちに身についていけるように、自分から実施していきたいと思いました。

<看護師 平田 真矢>