こんにちは、
今日は、GW明けの月曜日ですが、
部屋に流れてくる風は、秋の香りがします。
すでに台風の風です。
少し季節感が混乱してしまいますが、
つかの間の秋の香りを静かな黄昏時を楽しんでいます。

Fotolia_23841980_S

さて、先日
「デフレの正体」
「里山資本主義」といった
ベストセラーを生み出したあの藻谷浩介さんと
お話する機会をいただきました。

そこでの藻谷さんの言葉が印象的でした。
「政治家は、経済成長、経済成長ばかり唱え政治の目標目的を
経済成長のように主張するが、
国民個人が人生の目的をお金儲けと、叫ぶとおかしいでしょう。」

国としての、目的は、「お金儲け」でいいのか?
そもそもお金は手段であり、
なんのためのお金儲けか?が、大切なのに、
日本の国の多くの国民においても、
目的は、現実的には、お金儲けになってしまっていて、
そこからのことが、思考停止してしまっています。

普通に考えれば、小学生でも分かることなのに、
手段が目的になってしまっている、とても
知性のない状態。
でも、その状態は、私自身は、
日本の歴史のなかで熟成された状態とも考えております。

江戸時代までは、日本という国がまとまることで精一杯
明治維新からは、欧米列強に仲間入り、先進国になることで精一杯。
第二次世界大戦後は、戦後復興、経済成長で精一杯。

経済成長が、一段落した現在、不況だと言って
さらに政治家は声高に経済成長を叫ぶものの、
国民は、少しずつ気がついています。

私達は、金儲けのために生きているのではない。

やっと、様々なことが満たされ、私達は、何のために生きるのか
考えてもよい、考えることが許される時代になったのです。

お金儲けという手段が、生きる目的のときは、
知性は必要ありません。
奴隷のように、頑張ればよいのです。

生きる目的を考える時には、
知性をひらいていく必要があります。
本当の意味での奴隷状態からの開放、
知性的な人間社会への進化ができる
千載一遇のチャンスだと思います。

では、どのように、知性をひらいていけば良いのでしょうか?

「人生において大切なことは、積極的精神である」(中村天風)

私は、知性をひらく第一歩は、
主体的(積極的)に生きる習慣をつけていくことではないかと思います。

私が考える主体的に生きるとは、
自分の身の回りに起こる全ての結果を、自分で引き受けることです。
いま辛いのは、あの上司が、ガミガミいうせいだ。
と考えた瞬間にそのご自身の状況は、上司が握っていることになり、
自分で主体的に生きていることになりません。
上司がガミガミ言うのは、自分が、
どこか成長できる部分があるからかもしれない。
言われていることをとてもたくさん考えたが、
自分では、よくわからないので一先ず、
この状況から離れて立て直そう。
できることを考えよう。
他の上司に相談してみよう。
などある状況に対して、冷静に自分でいろいろ対策を考えていくことが、
主体的に生きることだと思います。
道路に岩が転がっているから、進むことができないと文句ばかり言うのが奴隷思考。
岩があるのなら、岩をどけて進もう、
避けて進もう。
回り道をしよう。
避けれないで、とどまるしかないのであれば、
この進まない時間をのんびり楽しもう。
などと考えるのが主体的に生きることだと思います。

第一歩目:主体的に生きる。全ての結果を、自分以外のものの責任にして逃げないこと。

その習慣がついてくるととひどく、いろんなことが楽しくなってきます。刑務所から出所するとおそらく開放感で楽しいように、奴隷状態の心から主体的は自由な心になると、非常に楽しくなります。

第二歩目:自由になった心で物事をみる。

心が自由になる過程で起こることがもう一つあります。
それは、今まで身につけてきたものが、
取り外れていく現象です。
それを、目的にして、能動的に行うと、
断捨離などと言われますが、実際には、
二次的に起こってくるものではないかと思います。
そして、
心は自由になると、さらにどんどん背負っていたものが外れ、
ひらかれていきます。

心をオープンにして楽しんでいれば、いろんな素晴らしい瞬間が訪れる。その到来にもきちんと気付くことができるんだ。 
Byドノヴァン・フランケンレイター(サーファー)

様々なことに相対するとき、心がひらいていればその本質を感じることができます。本質を感じ知ることで、その見ているものだけではなく、見ているものと繋がっているものも同時に感じるようになります。
それが、ことわざ、「一を聞いて十を知る。」 の真意ではないかと考えています。

「先見の明」と「今を生きる」とは、
意味が違うように感じるかもしれませんが、結局心をひらいて 今を生きれば、そこから視野が広がり先も見通せると思います。今を生きる次元が変わるので、生きているのが、今だけでなくなる状態かもしれません。

第3歩目:様々なものをみることで物事と自分とのつながりが実感できる。

そして、最初にも最後にも相対していくのは、自分自身です。外界とのつながりを感じたあと、自分自身に目を向けます。

第4歩目:自分自身を見つめることで、世界(宇宙)のなかでの自分の立ち位置を感じることができます。

「世の中のことを知りたければ 部屋に入り 窓を閉めよ。」 

老荘思想

「体の声を聴き続ける。そうすれば健康への道が拓ける。」

相武台脳神経外科(笑)

世界(宇宙)の中の自分の立ち位置がわかったあとに、見えてくるもの、
それがまさに、自分の役割(使命)だと思います。

第5歩目:世界の中の自分の役割(使命)を知る。

ここでお釈迦さんの言葉です。

「人生の目的を知らずに百年生きるよりも、出世の本懐に向かって一日生きるほうがはるかにすぐれている」

お釈迦さんの言葉を批判するわけではないですが、
多分お釈迦さんではなく、聞き取った人の誤解だと思いますが、
「すぐれている」という優劣ではない感じが私はしますが、使命を知って出世の本懐に向かっていきることは、感動的であり楽しいし、自分がいちばん「いきいき」とした状態だと思います。

私自身は、使命を知ったかなと感じたら、いつの間にか日々の現実のなかで、反応的な心の状態になっていたり、そこからまた意識して、第5歩目までいったり、第1歩目と第5歩目を行ったり来たりしながら毎日をいま送っています。
その中で、使命を知る。「知る」状態が確固たるものに少しずつ鍛えられています。それを練り鍛えてくれるのが、人生での日常の経験なのです。

私自身は出家したり、千日回峰行を行う以上に、現実から逃げずにしっかりと主体的に生きる鍛錬をすることが、使命を確信する、悟る一番の近道ではないかと考えております。

藻谷さんに出会って、こんなことをほんわか考えていました。最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 下記お勧めリンク

DSC_1908_00053★-1