3年5か月相武台脳神経外科勤務を振り返って

私が当院に勤務しようとしたのは患者として受診したのがきっかけでした。

家事、育児、学校役員、仕事、仕事の転職先検討中と多忙な日々の中で手

のしびれを感じて受診しました。そして検査の前に指もみ肩回しの指導を

受けました。自分の為に使う時間は久し振りだと感じました。

その後検査を受け、診察室で結果を聞くことになったのですが、先生から

まず声をかけられたのが「とても頑張ってらっしゃるのですね」の言葉で

した。びっくりしたのと同時に自分がどんなに自分の体を酷使していたか

気が付くきっかけとなりました。診断はストレートネックで体の声を聴く

こと、体をゆるめることの大切さを教えていただきました。

その頃、仕事で整形にかかわっていたので、なかなか症状が改善しにくい

事や、悪化させると日常生活に影響が出る事を知っていたので先生の教え

通り実行しました。すると症状は改善したので驚いたのが素直な気持ちで

した。先生の教えを実行したのは体にとって悪いことではないし、他の方法

でもあまり改善しないので試してみようという感覚で始めたからでした。

丁度転職先を検討していた事もあり、ホームページで調べてみたとき、今

まで患者様と接していて、病状が深刻な状況な時、良い経過をたどる人と

予想より悪い経過をたどる人の差は自律神経が関わっていたのではないか

と感じました。もっと自律神経を整えることについて深く知りたいと感じ、

就職することにしました。
(続く、、)

  •  下記おすすめリンク