こんにちは、5月に入り
大変過ごしやすい季節になっています。
さて、GW明けたばかりですが、
皆さんいかがだったでしょうか?

僕自身は、実は、
休みの時間も非常に大切にしています。

外来診察では、皆様に、様々なことを
お話させていただいておりますが、

それは、僕にとって、アウトプットであり、
インプットの時間は、診察終了後の時間や、
休みの時間にあてております。

そもそも、当院の存在意義は、
「あり方」を提案させていただく場、であり
体と向き合う上で、「やり方」つまり手段が
目的にならないようにたえず、
発信させていただいております。

「あり方」とは、本来、
健康とはなにか、
私達が目指すべき状態とはなにか
を明確に定義することからスタートします。

当院が発信する健康の定義とは、
人間の体は、そもそも自然の一部であり
大自然と調和した状態が、
健康の状態と定義しております。
それは、自律神経が本来あるべき状態に
戻すことで実現します。

11011045_10203966822075658_5660703762049078482_n

そのためには、
日々、体の声を聴き続けるということも重要ですが、
自律神経が本来あるべき状態は、
結局は、
自然の営みの状態ということなので、
時間があるときには
僕は、自然に意図的にふれて、
健康とは何だったのか、
思い出すようにしています。

そのことで、様々な気付きがあり、
日々の診療への
アウトプットへとつながってきます。

例えば、このGWの僕の過ごし方は、
初日5月3日には、
日中書類整理した後、
夜行バスで上高地へ足をのばし、
翌日から一泊二日で
トレッキングをしました。
雪解けの上高地はダイナミックな
自然の息遣い、色を体感させてくれました。
そのままバスで帰宅し、
翌日は(睡眠不足ながら)早朝から、
片貝海岸でサーフィン、
海と太陽のエネルギーを
目いっぱいに吸収しました。

移動距離、行動内容のわりに、
宿泊も1日だけで、
費用対効果の高い、
休みがとれたと思います。

一歩行動に出るまでが、
なかなか腰が上がらないものですが、
都会で、お仕事頑張っていらっしゃる方
であればあるほど、
このようなバランスの取り方は、おすすめです。

ご参考にしていただけますと幸いです。

甲子園出場経験のある、プロサーファー山本晃先生と
mauサーフィンスクールはこちら
(中高年、女性の方の初心者もお勧めです。)

10397977_1576488195933830_186573811340801781_n

 下記お勧めリンク