こんにちは、
相武台脳神経外科 加藤貴弘です。
今回、チャンネルS 市民公開講座では、
2018年2月より、熊本大学より
北里大学脳神経外科へ着任された
良性腫瘍のエキスパート
秀拓一郎先生を当院にお招きして
ご講演をいただきました。
脳腫瘍の手術は実は、
一般的にいわれる
頭のみえる部分の頭蓋骨を削ることなく、
摘出術を行えることがあります。
「なぞなぞ」みたいですが、
人体のとても神秘的な構造から、そしてそれを、
クリエイティブな思考で、解き明かすことにより、
脳腫瘍への「道」が生まれます。
脳神経外科の最先端治療を垣間見ることができる
素晴らしい機会となりましたので、
是非ご興味のあるかたは、視聴されてください。
今回はいよいよ最終回です。(全3回)

第1回は、こちら
第2回は、こちら

今回3回目講座の、概要は下記です。

  • 軟性鏡下手術での水頭症の手術
  • 脳室内腫瘍の手術の実際
  • 顕微鏡+ 内視鏡 合同手術
  • 外視鏡の可能性
  • 脳神経外科と 3Dプリンター
  • 脳腫瘍の内視鏡手術の現状

 

 

 

  • 下記おすすめリンク