お詫び:多くの方からお問い合わせいただきましたが、こちらの
手違いで配信が1日遅れまして大変申し訳ございませんでした。
本日公開させていただきます。何卒よろしくお願いいたします。

こんにちは、相武台脳神経外科です。

今回は少し非公開情報です。
当院メルマガ登録の方のみに
プレゼントさせていただきます。

現在市場の認知症薬は日本では、4種類です。
その中で、世界で一番最初に、そして現在でも
一番多くの患者さんに内服されている薬を開発したのは、
実は、日本人なのです。
医薬品関係の話は、純粋に効果だけではなく、
とても、お金(利権)に絡む領域のため、
いろんな意味合いで
受け取られることがあるとは思いますが、
私(加藤貴弘)自身が、利害関係を抜きにして
今回の情報は、
ほとんど全ての方に有用な情報と考えております。
その、先日当院メルマガでお伝えしていた、
日本人S氏とは、実は、
同志社大学 脳科学研究科・神経疾患研究センター
杉本八郎 チェアプロフェッサーです。
杉本教授は、現在、様々な利権を断ち切り、
純粋に学術的な面から、
大学教授の立場から、
次世代の認知症薬の薬の開発に、
ご自身の人生をかけて、取り組まれておられます。
その杉本教授が今回
チャンネルSご出演され、
貴重なお話をしていただきました。
是非、みなさん
この機会に有用な情報を受け取られてください。

今回は番外編前半となります。
なんと杉本教授のご自宅(京都)へ伺って
収録させていただきました。
(当院メルマガ登録頂いている方のみ
公開させていただきております。)

本ビデオ講座を視聴していだだくことで、ご理解頂ける内容な下記となります。少しでも、能動的な作業が加わるとより理解が深まります。下記の質問の回答あるいは、本ビデオ講座を視聴後の感想をコメント欄へ書き込んでいただけますと幸いです。

  • 世界で最初の認知症薬を開発された杉本先生のその後の活動。

  • 相武台脳神経外科と杉本先生がご縁を持つようになったきっかけとは?

  • 糖尿病とアルツハイマー型認知症との関係性とは?

  • 下記おすすめリンク