こんにちは、
相武台脳神経外科 加藤貴弘です。

私は、医師として、外来業務という仕事を
ほとんど経験しないまま開業しました。

そのため、入院中の方と、
まだ大きな病気をされていない方の空気感の違いに
最初は正直言って戸惑いました。
しかし、約4年外来業務を
経験させていただき、
少しずつ、見えてきたことがあります。

そして、やはり、いままで、匙を投げずに
当院へ通って来ていてただける患者さんに
大病して、つらい経験をしていただきたくない
という気持ちは常に持っています。

そのため、ついつい通院患者さんには、
「見えてきたこと」を
漏らしてしまっていました。

私が、ひと月に新患者さん 約350人
再来患者さん 約1200人以上
診察させて頂いている中で
見えてきてしまったもの。
50歳以上になって大病する方と
病気をされない方の決定的な違い。
これは、おそらく大学の医師は、
わからないと思います。
(なぜなら、病気を研究しているから。)

私も、勤務医時代には、気が付きませんでした。

それは、、、
例えで出すとイメージがつきやすいかもしれません。

例えば、
倒産寸前の、会社にも当てはまります。
倒産寸前の会社は、
会社幹部と、
社員のコミニュケーションがうまく行かなくなる。
現場レベルでの問題が、上層部に上がってこなくなる。
問題が下部で膨れ上がる。
気がついたら、
その問題は、対処不能となっている。

家庭にも当てはまります。
お父さんは、バリバリのサラリーマン。
給料は、うなぎのぼり。
それに伴い、残業、出張の嵐。
帰宅して家族と夕食をともに出来るのは良くて月に1回。
お父さんは、大変。
家族のために頑張るといつも自分に言い聞かせる。
しかし、現実は、
奥さん、子供の心は、いつのまにか離れ、
なにかのきっかけで大げんか。
家庭崩壊。

大病する方のパターンも実は、同様です。
頭の中の体のイメージと
実際の体が解離している。
52歳の方の頭のなかでは、
自分の体の認識が、
40代の体のつもりに無意識でなっていて
ばりばり頑張る。
でも、体は、52歳。
そのギャップに肉体は、きつい思いをしているが、
けなげに、「体」は、なにも言わずに頑張る。
しかし、疲労は着実に体内に蓄積し、
何かのきっかけで大きな症状。
症状ならまだよいが、
病気を発症してしまうことが多々ある。

つまり、病気になっている人は、

「体の調子を、
つかむことができなくなっている。」

それは当然です。
毎日毎日私達はどのような
思考パターンで生活しているでしょうか?


体だるいけど仕事休めないし。
頭痛いの我慢して出社しよう。
仕事はじめたらこの体のだるさ忘れるだろう。
めまいするけど夕食作らなくちゃ。
肩凝っているけど、子供だっこして家まで連れて帰ろう。

頭の思考回路がほとんど全て、
体からの声を無視、抑圧するような、
思考習慣になってしまって
過ごされている方がほとんどでは、
ないでしょうか?

そうであれば、
その思考習慣が何十年も継続すれば、
体からの声が、
頭に届かなくなるのは、当然ですね。

その状態では、
体の中で病魔が居座っていても気が付きません。

もう、思い切って言ってしまいます。

中年以上で病気になる理由。それは、

「体の調子が、とれなくなっているから。」
この言葉に集約されると思います。

体の状態とは、4次元つまり、時間軸をいれた、
「流れ」であり、
「流れ」の方向性、
「調子」をつかむことができれば病気になるはずがありません。

なぜなら、病気は突然やって来るものではないから、
流れがあり、前もって必ず予兆があるのです。

検査結果では、予兆はわかりません。
病気の「発症」しか検査できないのです。

そのため、
当クリニックでは、1日1回〜2回
体の調子をつかむ時間を数分とるように
指導させて頂いています。

それを行うことで、
病気にならないのなら、
なんの不安もありませんよね。
普通に無料で、
簡単に不安は解消できるのです。

調子が分からない人だけが、
健康ビジネスの餌食にされ、
無駄金を多く巻き上げられている現実です。

体の調子が、分かる人間からすると、
馬鹿らしすぎる現実です。

そこで、質問を受けました。
「今まで、体に無理してきて、
もし頭に未破裂脳動脈瘤とかできていると怖くないですか?
脳ドック受けたほうが良いですか?」

答え、
「何のために検査をするのかという
目的にもよりますが、
検査をすることで、
病気への不安は解消されないし、
動脈瘤が見つかれば
もっと不安は大きくなります。
出血予防の手術をするにしても、
非常に悩みますし手術に踏み切るには
大きな覚悟が必要です。
それぞれ、医療の利用の仕方の問題ですが、
ちなみに、私自身は今のところ、
脳ドックを受ける気はありません。
なぜなら、体の調子をとろうとできることはしているし、
たえずその能力を向上しようと日々努力しているから。
たとえ今、私の頭の中に脳動脈瘤があっても、
自分の体の調子がわかっているので、
動脈瘤を出血させてしまうほど
自分の体の調子を狂わさないと自分自身では思っているし、
その上で、出血したのなら、そうなることが、
自分の役割、なのだ。と
腹が決まっている。
検査しても病気への不安は解消されません。
なぜなら検査は、その時点での体の状態に過ぎないから。
その時点で良くても、いま悪い方向へ進んでいるのなら、
しばらくしたらきっと病気になる。
その時点で悪くても、
自分の調子をしっかり認識して
体の調子の流れを良い方向にむけていれば、
数年後には必ずよくなります。
人間の体の健康は、「流れ」で捉えると不安はなくなります。
対象の捉え方を間違うといつまでも問題は解消されません。
健康診断以上の検査を受ける受けない、あくせく悩む前に、
自分の体の調子を正確につかむ習慣を身につけたほうが、
基本的な問題解決になるし、
様々な利権団体によるプロモーションに振り回されなくてすみます。
人間として単純な話だと私は考えます。」

蛇足。
とはいうものの、
お腹を空かした1000人の人間が、
砂漠にいて、それぞれの人間に
1万円分の食料を今すぐに販売するのと、
1000万円を元手に、
1000人の力を合わせて
農地を作る指導をする仕事の
どちらが受け入れられやすいかを考えると、
単純に、人間は目先のことしか
飛びつかないことが多いから、
健康ビジネスのおいしいカモにされるし、
カモにされていることすら気づいていません。
すぐに、食料を売ってくれてありがとう。と
カモにされている上に、感謝までしてしまうのが、
人間の悲しい現実です。
バランスの問題で考えると、
理念よりも先に利潤を追求しないと、
成り立たない、
大企業には、良心など、存在しないと、
まず極端に考えたほうが、
人間的には、
まっとうな選択がいろいろできるとは
個人的に思います。
いま、ビックネームだから、信頼できるという、
パブロフの犬ではないですが、
変な条件反射に、なってしまっている人が、
自分も含めて多い気がしましたので、
極論を書いてみました。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

参考:海外ではほとんど普及していない脳ドック

 下記お勧めリンク