こんにちは、相武台脳神経外科です。
当院では、継続的に高濃度ビタミンC点滴を通して
がん患者さんと関わらせて頂いております。

形は様々でも 当院が行っていることはすべて
「体の声を聴き続ける、そうすれば健康への道が拓ける。」
というメッセージをお伝えさせていただく。
という行為につながっております。
これは、体への向き合い方を変化させていくことを 促す行為です。
その中で、 
「がん」という病気が生活習慣病であるならば、何十年にも渡って
体との向き合い方が 間違っていた結果 発症したということであり、
それを 変えていくのは、本当に大変なことでありますし、
とても勇気がいることであります。

当院が関わらせていただいている、がん患者さんは、
大変厳しい状況のなか、本当に勇気をもって
そのメッセージに耳を傾けられ、
御自身の身体と向き合おうと、していただけています。

その結果 手に入れることができた状況は、
とても、感謝に満ちた 状況になるのでは、ないでしょうか。

それは、じつは、病気が治るとか治らないとかという目標を
超越してしまっている状況かもしれません。

(以下、57歳女性 患者さんの感想抜粋)

相武台脳神経外科に通院しての経過

2018.6.18

2016年9月より現在までビタミンC点滴でお世話になっております。

2016年に外科手術を受け休養休暇中の間、知識のない私は病気について、
初めてありとあらゆるケアにかかわる本などを無心に読みふけっていました。

又、気になるクリニックがあれば全国行動のできる範囲で出向いていました。

そして今2018年6月に入り、
現在は今後の自分のケアや長い人生をどう生きていたいかを考えながらクリニックへ伺っています。

2016年9月初めてクリニックへ伺った時はビタミンCにチャレンジする。
という事で頭がいっぱいでよく他は覚えていません。

何か1つでも体を良くしたいという心、以外ありません。

ビタミンCを受けると体が軽くなり、仕事をしていても軽く、つかれもたまらず能率もよい状態です。

又、カゼをひいても治り方が早く感じます。

クリニックでは、同時にリハビリも開始されましたが、
指もみ、肩回し、感謝の心(自分に)へ自分としては目からウロコで、慣れるまで月日がかかりました。

現在ではあたり前に変わっています。

見るもの感じるものにありがとうと思ったり、
感謝したりと自然な空気と同じような感じで見ています。

日頃そばにいる家族、動物を見ていますと、1日おだやかな空気であることが伝わります。

2年前までは会社人間で常に頭の中に会社がウェイトをしめていました。

現在は、単にマイペースで、楽しいことを考えながら自分にムリなく暮らし、
ストレスをためないように心がけ、平和で明るい未来を考え、感謝し、
今日1日幸せだったなあと思う日々であります。

 

(以上 抜粋)

 

  •  下記おすすめリンク