黒ガリン内服体験
以下感想をそのまま掲載

残念ながら今日迄に諸々の病を患い、肺結核、虫垂炎、慢性胃炎、膵炎、副鼻腔炎手術、18歳・72歳の2回高血圧症、左そけい部のバイパス手術、長年の自律神経失調症、不眠等、また加齢に依る気力体力の衰えで睡眠に対して非常に気になっていました。睡眠薬も用いましたが、なかなかとらわれは続きましたが、頭痛の診療をきっかけに指もみ、肩まわし、ウォーターベッドでのリハビリを続けた事で、以前より睡眠の悩みについて気にならなくなり薬も減り、できる事なら84歳の今からでも健康寿命を延ばしたいと思います。

ストレッチ、スクワット、ウォーキング、食生活をいっそう気をつける等の意欲も出て実行を続けられています。感謝です。

老々介護が続きますが、自分をも大切にしながらもう少し頑張りたいと思います。

 84歳女性 SYさん

EPSON MFP image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宛先:相武台脳神経外科 加藤先生

黒ガリンを服用し体調の変化

平成28年12月半ばより相武台脳神経外科の加藤先生より推奨を受け薬ではないサポートとして試しに黒ガリンを服用はじめたら、物忘れが少し止まり、忘れっぽくなってきた体質が少し改善されてきたような気がします。現在の体調はまだですが。

相模原市南区相武台 Sさん(81歳 女性)

平成29年3月11日

EPSON MFP image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宛先:相武台脳神経外科・加藤先生

黒ガリンを服用し体調の変化

平成28年12月半ばより相武台脳神経外科の加藤先生から薬ではないが、黒ガリンをためしてみてはどうかと、いわれて服用を始めて見ました。84歳の齢となりますと、自分の意識が気になり、しっかりしなければいけないと思い、あと1年は自動車に乗りたいと大通りに出るとき、交差点の信号を見間違えしないようにと、注意を払い、運転しています。

加藤先生に、車は1時間以上長く乗るなとの、注意をうけ、1時間運転したら、1時間の休憩を取りなさいとのアドバイスを頂きましたので、それ以来、1時間以上の運転はしていません。

2年前に朝、床のなかで、2日に亘り、ほんの瞬間ですが目まいがしたので、すぐに、相武台脳神経外科に行き、加藤先生の診断を仰いだところMRIで頭の映像をとると小さな脳梗塞が見つかりました。幸い、早い段階のため、薬で進行をとめることが出来たようです。28年の6月頃、夏風邪を引きそれ以来、年齢のせいか体調が崩れ、出歩きが億劫となりました。3缶目で、黒ガリンの効果が少し出てきたようで、なんとか一日中卓上ゲームが、出来るようになって来ました。有り難うございました。

相模原市南区相武台  S氏(84歳 男性)

2016年3月11日

EPSON MFP image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上感想掲載

  •  下記おすすめリンク