こんにちは、
相武台脳神経外科です。

当院では、健康への道において、
食を非常に重要視しております。

農業において、
もっとも生命エネルギーの
強い作物を生産するには、
どの様にしたらよいか?

30年近く前からそのことのみを
追求してきた会社があります。

株式会社ナチュラルハーモニーです。
その会社の行き着いた究極の農業の基本。
それが、
「無農薬、無肥料。」

その詳細を代表の河名秀郎さんに伺いました。
本来生物はどのようにあるべきか?
実は、そのことを考えていくことが、
私達自身の健康を考える上でも、
非常に参考になるだけでなく、
その考え方そのものが
人間の健康へと直結すると考えます。
是非、これからお付き合いいただけますと幸いです。
(先月、予告して配信できず申訳ございませんでした。)

本ビデオ講座を視聴していだだくことで、ご理解頂ける内容な下記となります。少しでも、能動的な作業が加わるとより理解が深まります。下記の質問の回答あるいは、本ビデオ講座を視聴後の感想をコメント欄へ書き込んでいただけますと幸いです。

  • 河名さんが、食に対し関心をもったきっかけとは? それは、河名さんが何歳の時か?
  • 16歳の河名さんは、どのような願いがあり、どのようなプランを検討していたか?
  • 様々な勉強をされる中で、河名さんが 共鳴した、コンセプトとは?
  • 野菜をそだてる農業を勉強していくなかで、どのような点に河名さんは人間と野菜の生き方に共通点を感じたか?
  • 農薬を使って育つ野菜と農薬を使用せず育つ野菜の違いとは?
  • なぜ、農薬を使用しないのに、病気にもならず、虫にも食われずに成長できるのか?
  • 農薬をたくさん使用して人間の手をたくさんかけて育つ野菜に生命力を河名さんは感じたか?
  • その視点からどのような農業に行き着いたか?
  • 有機栽培と自然栽培は根底の考え方が全く違う、その違いとは?
  • 自然栽培のなかで、肥料はどのようにとらえているか?
  • 自然栽培のなかで、虫や病原菌はどのようにとらえているか?
  • 自然栽培は、いつ頃からの考えはじめられているか?
  • 河名さんが、一般的な農業の考え方から自然栽培へパラダイムシフトできた理由は?
  • 自然栽培の考え方は、実は人体にも応用できる。そのなかで、病気の捉え方とは?
  • 河名さんが最終的に自然栽培を勉強しようと考えたきっかけとは?
  • 高度成長期に、自然栽培を世の中に打ち出す難しさとは?
  • 河名さんが、自然栽培を普及させていくなかで、一番超えられにくかった課題とは?
 下記お勧めリンク