young asian nurse in the park

私は、平成 25年 5月から
約 3年間相武台脳神経外科で
非常勤で働かせていただきまし た 。
クリニックのホームページを見て、
ここで働くには、
自分が圧倒的に健康である必要が あり、
また、そうなりたいと思う方大募集との
加藤院長のお言葉に惹かれ、
アルバイ トとして応募することを決心いたしました 。
私は普段は他院で准看護師として働きながら、
看護師国家資格免許取得を目指して
看護学校に通学していました 。
経験年数は少ないです が、
常に医療や介護の現場で過ごしてきました 。
がんや脳卒中で寝たきりの
患者さまの身 の回りのお世話を中心に
その人の人生の最期を看取る場面も
少なくはありませんでした 。
そんな中で加藤院長の
理念や医療に対する思いを知るうちに、
私が今まで看てきた患 者さまの病気の多くは
生活習慣が影響するものであって、
予防することができるのだと改 めて知ることができ、
脳卒中の早期発見や初療に非常に興味を持ち始めました 。
クリニッ クでアルバイトを始めた当初は
このような興味感覚でいることが多かったです。
しかし働 く中で、加藤院長がどの患者さまにもお伝えしている
「体の声を聴く」「体を感じる」 ということが、
私自身にも通じることであり、
この言葉と出会ってから患者さまの健康だ けでなく、
私自身の健康をよく考えるようになりました。
医療現場で働く中で、
医療者は 自分自身の健康管理というものが
大きな課題であるとは知っていましたが、
実際は私自身 は健康管理がとても苦手でした 。
だからこそ、加藤院長の
「自分が圧倒的に健康であ る必要がある」
というような言葉かけに惹かれたのかもしれません 。
週に 1度の加藤院 長のクリニックでのアルバイトは、
私自身が健康と自分と向き合う時間でもありまし た 。
お仕事内容は看護の一般業務ではありましたが、
患者さまがご自身のお体と向き合う
きっかけの場面に居合わせる経験が増せば増すほど、
とても有意義に働くことができまし た 。
そして、私自身も加藤院長が患者さまにお伝えしている
体を緩める方法を取得し て
日常でも行うようになり、
以前より肩の力を抜いて楽しく働けるようになりました 。
い つしか毎週の楽しみがクリニックで働くこととなり、
楽しく働くことの大切さを知りまし た 。
今年 3月で相武台脳神経外科で働いて約 3年が経ち、
ひとつの夢であった
看護師国 家資格免許を取得することができました 。
今後はしばらく自分のスキルアップのため
他院 で働くこととなりましたが、
相武台脳神経外科での経験や、感じ取った感覚を
今後の自分 の生活や関わっていく新たに出会う方々へ
繋げていけたらと思います。
教科書や学校で教 わることのできない
「健康とは」
をじっくり考え知ることのできた
大変有意義な 3年間 でした 。
      平成 28年 4月 23日 梅川彩菜 

 

 

  • 下記おすすめリンク