平和の礎(リアルバージョン)〜

30年前の今頃、
夏休みで帰省した私は、祖父に尋ねました。
「おじいちゃんは、あまりお酒飲めないの?」
コップ半分のビールで
真っ赤になる祖父を少し格好悪いと思っていたからです。
するとその質問に端を発して祖父は
私が思いもしなかった話をしてくれました。
「おじいちゃんとおばあちゃんは、二次大戦の時、
満州の山奥に居てね、そこで1人目の子供(私の叔父)が生まれたんだ。
当時、日本政府は、
もしも日本全土が壊滅状態になったとしても
日本のために死んではいけない人のリストを作って
満州なんかにかくまったんだ、特に科学者達を。
そして、原爆を作れ!って命令したんだ。
おじいちゃん達科学者は誰も口には出さなかったけれど
作るふりだけして作ろうとしなかった。
そんな物を作ったら大勢の人が死ぬし、
当時の日本の研究者のレベルからして
アメリカにはもう完成した原爆があると思っていたからね。
だから、戦争が終わるまで研究中だった。
案の定、アメリカは持っていて、長崎、広島に落とされただろ?
そんな研究をしていた研究所と同じ敷地に
特攻隊の隠れ基地もあったんだ。
夜遅くまで研究室にいると若い特攻隊員が扉をノックしてきて、
『夜分に失礼仕り候。
明日友が旅立つ為、アルコールを頂戴したく候。』って言うんだ。
おじいちゃんは、
実験でごまかして三角フラスコに取っておいた
エチルアルコールを黙って渡した。
勿論、そのままでは度数が高くて飲めないから、
湯呑み茶碗に氷砂糖と水も入れて仲間が酔わせて特攻隊員を寝かしたんだ。
いよいよ特攻する前の日は怖くて眠れないからと言っていた。
翌日、仲間が『友は無事、お国の為に旅立ちました。』と
フラスコを返しに来るのがとても辛かった。
自分の無力さを感じたな。
戦争が終わったら特攻で死んだ彼等の分まで生きようと心に誓った。
長い話になったけどおじいちゃんにとってアルコールはそういう物なんだ。」
私はお酒を飲めない祖父を格好良いと思った。
そして、私自身も理系の進路を選んだ。
飲めない祖父と同じ様に。
            (以上文責:山口創太 祖父 武部啓)

こんにちは、
相武台脳神経外科 加藤貴弘です。
今日は、8月6日です。
8月6日はとても大切な日のため、いつも
「平和の礎」を再確認するようにしています。
毎年、私が山口先生から伺った内容を、
ストーリーにしたものをあげていましたが、
今回は、ご本人から直接描き下ろしていただきました。
リアルですし、ものすごい偉大なお祖父様をお持ちです。
自分の今享受している平和は、
あたりまえの平和では、ないと強く認識できました。
先人からの命をかけたギフトなのです。

ある有名な、キャスターが先日言っていました。
「どこの国が、
現代の日本に攻め入るようなことをするというのですか?」

この方の言い方だと、日本が完全に非武装化して、大国の保護がなくても、
日本に、攻め入る国はない。ということを言っているようでした。

何か、最近のテレビで議論している人の、
意見を伺うと、これに近い認識の方を、お見受けします。

この状態を、
「平和ボケ」といいます。

日本は、世界の国々から比較すると、どれほど豊かな国か、
いろんな意味で、豊かさを享受して、生活できる幸せな国です。

もし周辺国家と豊かさの格差が少なければ、
攻め込まれる可能性は、少し減るとは思いますが、
現実において、多くの意味で日本は、とても豊かなのです。

難民キャンプやスラム街で、1人だけ、食料が豊富で、
金銭もたくさん保持していたら
どうでしょうか?
何も、後ろ盾の強みや、保護がなければ、
きっとすぐに、持ち物を奪われるでしょう。
命まで奪われてしまうかもしれません。
貧困にあえぐ人々は生きることに必死です。

日本の国土は、他の国からしたら、
黄金にみえるぐらい豊かな国土です。
それを守るために、先人達は必死でした。

国土を守るために、命をかけて、
明治維新をおこし、
日露戦争の奇跡をおこしました。
その後、道を間違い太平洋戦争に突入し、
多くの犠牲者をだし、敗戦にいたってしまいますが、
終戦後の多くの日本人の血の滲むような努力によって、
また主権、繁栄を取り戻すことができたのです。

現在の平和な状態は、当たり前の状態では、ありません。
先人達の多くの努力の上の平和なのです。

現在世界は、微妙なパワーバランスの上に成り立っています。

様々な国家のパワーバランスだけではなく、
多くの国家の枠を取らない集団のパワーバランス。

その中で、日本は、どのように立ち振る舞っていくのか?
多くの国が戦争状態にある中で、日本だけ、平和憲法があるから、
どこの後ろ盾がなくても、当然に平和に豊かさを享受できる。
こんな、まさかの子供のような思考からの発言を、
有名なキャスターから聞くとは、
驚きでしたし、何かの確信犯かと疑ってしまいました。

平和憲法を保持したいのなら、
世界を巻き込んでの平和戦略をしっかり国家として持つ
必要が当然あります。

自分の家族に、
「盗みをしない、我が家の決まりがある。だから、
夜に、戸締まりせず、ドアを開けっ放しで寝ても。
全く問題ないよね。
こんな平和な時代に、誰が、盗みにくるのか?」
とお父さんが言い出したら、びっくりです。

このような思考は自分の健康についても言えます。
よく自分は、健康でそれが当然なのだと思ってしまうことがあります。
しかし、現実には、
今の自分は、心臓が動いているから生かされている。
体のホルモンバランス、内臓の動き、体温調節、血液の生産、
骨の代謝、感染症からの防御、、、その他多くの事を、体がしてくれていて
それらのだけでなくそれ以外にも非常に多くの働きが、別々ではなく絶妙に調和して
動いてくれている。何十年も、、。
そして、今 あなたは 当然と言わんばかりに座っている。

心臓がとまってしまえば、5分以上生きられません。

現実には、あなたが生きているわけではなく、
体が動いているから生かされている。

この現実を忘れて、
体は、動いてくれて当然。と考えるような方に限って、
病気になることが多い。
健康な状態は当然の状態ではなく、多くの奇跡が重なって調和して、
今自分は、健康な状態に生かされている、
その自分自身の立場を思い出すと、
どれだけ自分が恵まれているか感じ、
生きていることだけで、
呼吸が出来るだけで、幸せな気持ちになります。

今の状態は、当然の状態では、ない。
多くの方々の、命がけの努力、そして
奇跡的な偶然が重なり、とても幸運の状態なのだ。

このことを、しっかりと思い出す、1日にしたいです。

以下 2011年8月6日の当ブログより抜粋。

この話は本当はしてよいものかどうか分かりません。
しかし、昨日、私の尊敬すべきメンターと酒をかわしていたとき、
彼に何かが乗り移ったかのように話し始めたのです。
それはきっと66年の歳月を経て、
日本の魂を守り抜いた方々からの私へのプレゼント
そして今の時代へのメッセージなのかもしれません。

~奇跡的に照らされた「平和の礎」
「死なせてはいけない日本人リスト」からの贈り物~ 

「失礼つかまつりたく候。
別れの杯をあげたく候。
アルコールを頂戴いたしたく候。」 
深く静まり返った夜、机に向かっていると、
後ろの扉をたたく声が聞こえた。 

私は、研究用と偽って余分に配給させたエタノールに氷砂糖と水をまぜ、
絶妙な配合のカクテルをそっとつくりあげた。 
青年はここ満州の山奥で、ひとつの人生を二十歳そこそこという年齢で、
明日終えようとしている。

今晩は最後の夜だ。存分にのめ! 
日本のために死ななくてはいけない若者
日本のために死んではいけない私 
「死なせてはいけない日本人リスト」
毎日毎日 原子爆弾製造計画の進捗状況が、確認される。

リストのメンバーは、
すぐにでも製造可能な能力が
自分たちにあることを知っていた。 
しかしこれを作ってどこで実験するというのか?

日本の持っているプロペラ機の機動力で実験できる地点は、
成功するにしても失敗するにしても必ず日本人が被爆する。

我々は、我々の原爆はまだできないと、「しら」を切り通そう。
それが、未来の日本人への贈り物であるし、我々リストメンバーの誇りだ。

私は、目の前の青年のひとみをじっと見て、
「戦争が終わったら必ず日本を立て直してみせる。」
と何もできない痛みと戦う心の中で誓った。

現代の私たちの命は、
散っていった若者の思いのおかげで頂いた命です。
散ることができなかった若者の思いのおかげで頂いた豊かさです。 

たとえあなたが今無一文だとしても、
それはたくさん頂いた上での無一文です。

ただその事実を、しっかりと認識し 「生かされている」
そう気づけたことが私の原点です。 

昨夜は本当に不思議な体験でした。
今日も最後まで読んでいただき大変ありがとうございました。
この体験を広島原爆の日に捧げます。 
~ 以上は2011.8.6当ブログの記事です。