こんにちは、相武台脳神経外科加藤貴弘です。

最近診療をさせていただいていて、
当院に来院される頭痛をはじめとする
様々な体の不具合をかかえられている小児患者さんの数の多さを実感しております。
それは、現代の都会で成長することの生活環境の悪さがあるのかもしれませんが、
その不健康さが、やはり教育の現場にも直撃しているとよく耳にします。
今回は、教育の最前線で働かれている原田塾 塾長
原田 修平先生を チャンネルSにお招きしてお話を伺いました。
今回は第3回(最終回)となります。
よろしくお願いいたします。

第一回目は、こちら。
第二回目は、こちら

本ビデオ講座を視聴していだだくことで、ご理解頂ける内容な下記となります。
少しでも、能動的な作業が加わるとより理解が深まります。
下記の質問の回答あるいは、本ビデオ講座を視聴後の感想をコメント欄へ書き込んでいただけますと幸いです。
  • 中学生の指導法での男女差

  • 学校と塾の役割

  • 塾の在り方とは?

  • 原田塾のエッジとは?

  • 原田修平さんの「教育」の定義とは?
    (明治時代の「教育」と圧倒的に違う。)

  • 原田塾と「寺子屋」との共通点。

  • 原田塾の先生としての在り方とは?