こんにちは、相武台脳神経外科です。

今回から3回にわたりまして、
いつもお世話になっております
北里大学脳神経外科佐藤澄人先生を
当院へお招きして脳神経外科手術のなかの
機能を改善させる目的で行う手術に関して
お話いただきます。
普段あまり触れる情報ではないとは思いますが、
脳神経外科手術の一端を垣間見ることができる
貴重な情報となっていますので、
是非参考にされてください。

本ビデオ講座を視聴していだだくことで、ご理解頂ける内容な下記となります。少しでも、能動的な作業が加わるとより理解が深まります。下記の質問の回答あるいは、本ビデオ講座を視聴後の感想をコメント欄へ書き込んでいただけますと幸いです。
  • 佐藤澄人先生の進路を決定づけた本とは?
  • ペンフィールドは、脳を手術して「心」の場所を探し続けたが、その結果とは?
  • パーキンソン病とは、どのような病気か?
  • パーキンソン病の中心的な治療法とは?
  • パーキンソン病の日本での外科治療の始まりは1952年であるが、どのような手術だったか?
  • 1954年クーパーという脳神経外科医がたまたま手術がうまくいかなかったことからうまれたパーキンソン病への手術とは?
  • 猿の動物実験でつかわれた装置がヒトへ応用された手術法とは?
  • パーキンソン病の患者さんが長期に薬物を内服続けるとどのようになるか?
    定位脳手術の実際の手順とは?

  •  下記おすすめリンク