こんにちは、
相武台脳神経外科です。
今回チャンネルSでは、
「スラムダンク勝利学」でお馴染みの
スポーツドクター辻秀一先生を
当院へお招きしてお話を伺いました。
様々な「成果」「結果」を私達がそれぞれの
社会的なポジションで求められる今の時代。
求められている私達も、
知らず知らずのうちに、「成果」「結果」に
重要度、価値をおいてしまう傾向にあります。
しかし、
本当に大切なことは、
実は、「結果」だけではない。
〇〇が大切で、価値があるものですよ。
ということを気づかせていただけた
お話でした。
今回は、第3回目です。
是非ご期待ください。

辻秀一先生にお会いした感想はこちら
第1回目は、こちら
「本当に「大切なこと」の「価値」を伝えたい。」
第2回目は、こちら
「日本人の可能性。」

本ビデオ講座を視聴していだだくことで、ご理解頂ける内容な下記となります。少しでも、能動的な作業が加わるとより理解が深まります。下記の質問の回答あるいは、本ビデオ講座を視聴後の感想をコメント欄へ書き込んでいただけますと幸いです。
  • 医者は健康に関しての勉強を医学部でしているのか?

  • ヨーロッパのスポーツ医学は、
    どのような分野に焦点をあてていたか?

  • 辻先生のスポーツ医学の入り口とは?

  • 辻先生が、ライフスタイルマネジメント、
    コンディションサポートににおいて最も大切だと感じたこととは?

  • 辻先生が、人生のそれぞれの岐路でとった加藤が衝撃をうけた行動とは?

  • 辻先生が、メンタルトレーニングの研究を始められた時
    社会からの逆風が強い状況だったのにもかかわらず
    継続できた理由とは?

  • 辻先生の、処女作「スラムダンク勝利学」から最新作にいたるまで、
    どのように内容が変化されているか?

  • 辻先生が人間の心に関しての関心事ととして、
    「ゆらぎ」さらに加えて「〇〇◯」に関心を持つようになった。

  • さらに、「ゆらぎ」と「とらわれ」を包括する言葉とは?

  • フローをもっと 馴染みやすい、分かりやすい
    日本語で辻先生はどのような表現をされているか?

     

    下記お勧めリンク