┏ご挨拶:おかげさまで開業5年目へ。
┣当院からのお知らせ: 
①「里山資本主義」
藻谷浩介さんインタビュー第3回
②市民公開講座
スポーツドクター辻秀一先生第1回
┗スタッフからの最近のコネタ:夏の養生法
編集後記:断捨離

■□ご挨拶━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥
7月に入り当院も5年目に入りました。
「継続は力なり。」
この言葉の意味を最近実感しております。
当院のメッセージを最初に聞いた時は、
なれないため違和感感じることもあるようで、
再来されない患者さんもいらっしゃいます。
しかし、また同じような症状が出現し
3年経て再来し
また同じ内容を、変わりなく、伝えられると、
その意味を実感していただける。
これは、継続してお伝えできる立場の強みです。
先日、勤務医時代の、患者さんが、遠いところより
わざわざ来院していただきました。
「先生は、私が入院中、担当してくれた時から、
言っていることが、ちっとも変わってなくて、
ほんとうに嬉しい。」
という、言葉をいただき、
勤務医時代から、同じようなこと、
言っていたのか、、と少し感傷的になって、
涙がでそうになってしまいました。
開業初日は、
私1人しか、叫んでいなかった当院のメッセージですが、
それを理解していただける方が、確実に、
増えてきてくれています。
本当に心強いです。
でも、まだまだ道半ばです。
日本人の健康に対する、未来はとてつもなく明るい。
それをこれからも、
もっともっと力強く、指し示していく覚悟です。
5年目もどうぞよろしくお願いいたします。
<院長:加藤貴弘>
  平田さんへ、バトンタッチ
それでは、
相武台脳神経外科メールマガジン第28号
をお送りいたします。

Fotolia_66131192_S

■□当院からのお知らせ━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

お知らせ 1

本当に私達が望む生き方とは、何か?
この根源的な問いができる時期に、
私達日本人は、
歴史的にみても、
きているのかもしれません。
それは、実は千載一遇のチャンスです。
その問いを私達に強烈に、
投げかけていただけた本が
あの2014年新書大賞を受賞した
「里山資本主義」です。
今回チャンネルSではなんと、その著者である
藻谷浩介さんを当院へお招きして
インタビューさせていただきました。
限られた時間のなかで、非常にエネルギッシュで
パワフルなお話をいただきました。
最初から、スピード感にあふれ、
どんどん盛り上がっていき、インタビューの最後は
涙が出そうになるくらい感動させていただけた
内容となっております。
今回はその第3回目を
7月23日にお送りいたします。
是非ご期待ください。

第1回目は、こちら
「現代日本社会は、フィクションである!?」
第2回目は、こちら
「日本の議論は、ほぼ妄想から。」

おしらせ 2

「スラムダンク勝利学」でお馴染みの
スポーツドクター辻秀一先生を
当院へお招きしてお話を伺いました。
様々な「成果」「結果」を私達がそれぞれの
社会的なポジションで求められる今の時代。
本当に大切なことは、実は、「結果」だけではない。
〇〇が大切で、価値があるものですよ。
ということを気づかせていただけた
お話でした。
是非ご期待ください。
第1回目は、7月30日にお送りいたします。

辻秀一先生にお会いした感想はこちら

■□スタッフからの最近のコネタ━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
メルマガのご覧の皆様、
いつもご覧いただきありがとうございます。
段々と暑くなってきましたね。
いよいよ夏到来です。
今回は、夏の養生法を紹介したいと思います。

夏に気をつけなければならない事といえば、
「熱中症対策」と思う方が多いと思います。
勿論熱中症対策は重要ですが、
他に注意しなければいけないことがございます。

現在、日本の特に都心部において、
夏なのに「冷え」による
お身体の不調を訴える方が多いのです。
原因は冷房にあります。
一日中エアコンが起動し、
温度も低く設定されていることも
少なくはありません。

特に男性に比べて筋肉量の
少ない女性に多いのですが、
症状として、肩・首のコリや様々な
自律神経症状を引き起こすことが多いです。
また、その環境に長時間おかれると
身体の感覚が麻痺する方もいて、
冷えに気が付かず、
さらに身体を冷やす食べ物を摂取してしまい、
消化器系を壊す方も多いです。

以前のメルマガでは季節物の食べると
良いと紹介しましたが、
夏の代表的な食材を多量に摂取すると、
逆に身体を冷やしすぎる場合がありますので、
ご自身が置かれている環境においては注意が必要です。
また、特に女性の場合は、冷えるなと感じたら、
「身体を少し動かしてみる」・
「肩・首などを温めたりする」ことも大事です。
ただ、その際は水分をきちんと摂取するようにしましょう。
そして素敵な夏を過ごしましょう。
<鍼灸師 江澤和寿>

 

 下記お勧めリンク

 

編集後記;

当院も5年目を迎えることができました。
地域の皆様やクリニックに来ていただいている患者様、
関わりをもっていただけている方々のおかげです。
ありがとうございます。

私は、去年から断捨離にはまっています。
捨てたもの、リサイクルに出したものは現在までに、
衣装ケース約12個分の洋服と
ゴミとなった小物などゴミ袋約20個以上です。
自分でもよくこんなにものを溜め込んで、
自分の部屋に収納していたと本当にびっくりしてしまいました。
でも、まだ捨てようか迷っているものもたくさんあるのが現状です。
断捨離を続けることで、
本当に必要なものとそうでないものを
見抜くことができてきていると思います。
これからも自分に必要なものと
不必要なものを見極めていこうと思いました。
最後までありがとうございました。

<看護師 平田真矢>