こんにちは、 相武台脳神経外科、加藤貴弘です。 ココロとカラダの健康塾でお世話になった、 浄土真宗本願寺派 超勝寺 副住職であり、 翻訳家としても活躍されている僧侶の大來尚順さんが、 チャンネルSにご出演いただきました。 […]

Shannel-S ラインアップ

お釈迦さんが息子さんに「障害(ラーフラ)」という名前をつけた理由とは?   第4回
こんにちは、 相武台脳神経外科、加藤貴弘です。 ココロとカラダの健康塾でお世話になった、 浄土真宗本願寺派 超勝寺 副住職であり、 ...
日本社会が直面している人類初めての問題とは?
こんにちは。相武台脳神経外科 加藤貴弘です。 現在、 日本の社会保障制度は、 ご存知のように、存続が、危機的状況となっています。 ...
人生における苦しみの意味 第三回
こんにちは、 相武台脳神経外科、加藤貴弘です。 ココロとカラダの健康塾でお世話になった、 浄土真宗本願寺派 超勝寺 副住職であり、 ...
村岡さんが幸せを感じる時、
こんにちは、相武台脳神経外科加藤貴弘です。 昨年11月29日女優の赤木春恵さんが、 亡くなられました。94歳でした。 実力派として...
心の毒の処理の方法  映画プロデューサー村岡克彦氏 第3回
こんにちは、相武台脳神経外科加藤貴弘です。 昨年11月29日女優の赤木春恵さんが、 亡くなられました。94歳でした。 実力派として...
原田塾の尖ったところとは? 原田修平先生第3回(最終回)
こんにちは、相武台脳神経外科加藤貴弘です。 最近診療をさせていただいていて、 当院に来院される頭痛をはじめとする 様々な体の不具合...
「おかげさまで」を英訳する。 浄土真宗本願寺派 超勝寺 副住職大來尚順さん第2回
こんにちは、 相武台脳神経外科、加藤貴弘です。 ココロとカラダの健康塾でお世話になった、 浄土真宗本願寺派 超勝寺 副住職であり、 ...
ペコロスの母に会いに行く製作秘話  映画プロデューサー村岡克彦氏 第2回
こんにちは、相武台脳神経外科加藤貴弘です。 昨年11月29日女優の赤木春恵さんが、 亡くなられました。94歳でした。 実力派として...
原田塾の本当の強みとは? 原田修平先生第二回
こんにちは、相武台脳神経外科加藤貴弘です。 最近診療をさせていただいていて、 当院に来院される頭痛をはじめとする 様々な体の不具合...
いただきます。を英訳する。 浄土真宗本願寺派 超勝寺 副住職大來尚順さん第1回
こんにちは、 相武台脳神経外科、加藤貴弘です。 ココロとカラダの健康塾でお世話になった、 浄土真宗本願寺派 超勝寺 副住職であり、 ...
映画プロデューサー 村岡克彦さん 第一回
こんにちは、相武台脳神経外科加藤貴弘です。 11月29日女優の赤木春恵さんが、 亡くなられました。94歳でした。 実力派としてとて...
ここ5,6年で中高生の世界が劇的に変わった!? 原田塾 塾長 原田修平先生 第1回
こんにちは、相武台脳神経外科加藤貴弘です。 最近診療をさせていただいていて、 当院に来院される頭痛をはじめとする 様々な体の不具合...
黒ガリンの現地の方々への恩返し  第5回最終回
こんにちは、相武台脳神経外科です。 強い生命力にあふれる、食材に 触れると、 なにがしかの病気に効果があるとか、 効能がどうか、と...
黒ガリンが1000年以上表舞台に出てこなかった理由。第4回
こんにちは、相武台脳神経外科です。 強い生命力にあふれる、食材に 触れると、 なにがしかの病気に効果があるとか、 効能がどうか、と...
「本物を届ける難しさ。」佐藤恭男さん第三回
こんにちは、相武台脳神経外科です。 強い生命力にあふれる、食材に 触れると、 なにがしかの病気に効果があるとか、 効能がどうか、と...
ただ、本物を届ける。
こんにちは、相武台脳神経外科です。 強い生命力にあふれる、食材に 触れると、 なにがしかの病気に効果があるとか、 効能がどうか、と...
東南アジアの奥地で連綿と育まれた、門外不出の生薬。佐藤恭男さん第1回。
こんにちは、相武台脳神経外科です。 強い生命力にあふれる、食材に 触れると、 なにがしかの病気に効果があるとか、 効能がどうか、と...
早島英観さんのお祖父様と当院との偶然の関係性 (最終回)
こんにちは、相武台脳神経外科です。 当院は開業以来、一貫して 体との向き合い方を発信し続けてきております。 それは、自分自身の「在...
今この瞬間を生きる方法 早島英観さん第4回
こんにちは、相武台脳神経外科です。 当院は開業以来、一貫して 体との向き合い方を発信し続けてきております。 それは、自分自身の「在...
「偉い」人にいちいち振り回されない生き方。早島英観さん第3回
こんにちは、相武台脳神経外科です。 当院は開業以来、一貫して 体との向き合い方を発信し続けてきております。 それは、自分自身の「在...