こんにちは、
今回はChannelS 番外編 
横浜新都市脳神経外科病院循環器科
芦田和博部長による
市民公開講座の最終回をお送りいたします。
今回は、心筋梗塞に至らないようにする
心臓カテーテル治療の実際、
そして、
なによりその治療のあとのケアの大切さを
まず、お話いただき、
その治療の中での日本の医療の抱える問題点を
浮き彫りにしていただきました。
また、それらの問題点を、
解決し、さらなる上のレベルを目指そうとする
芦田先生の循環器チームのお話を、
様々な切り口でお話いただきました。
今回も、
日本の医療を考える上で
非常に具体的な現場のお話がいただけているため、
医療関係者でない一般の方々が、
とても参考にしていただける内容となりました。

最終回も視聴いただけましたら幸いです。

今回のビデオセミナーの視聴後ご理解いただける内容は下記になります。
少しでも、なにか実際に行動されることで、知識の理解が深まります。
是非、感想と下記の質問の答えをコメント欄へ書き入れてみましょう!

 

①内臓脂肪と動脈硬化の関係性とは、
②EPA:魚の脂 と 内蔵脂肪と関係性はあるのか?
③心筋梗塞を予防するための、実際の治療はどのような治療があるか?
④心臓カテーテル治療後、絶対にしてはいけないこととは?
⑤カテーテル治療後、一番の重要な問題はなにか?
⑥横浜新都市脳神経外科で栄養士さんが特に注意していることとは?
⑦チーム「新都市」がターゲットにしている課題はなにか?
⑧一般的な日本の医療の弱点と考えられることとは?
⑨カテーテル治療後、循環器医が特に注意していることは?
⑩カテーテル治療後、循環器医と脳神経外科医が協力する強みとは?