Girl embracing her mother’s face delicately

(体験記:以下転載)
1、 病歴 治療歴
1994年 8月    乳がん手術
2016年11月11日 東名厚木病院でのレントゲン検査の結果
        乳がんの再発が疑われ東海大に紹介される
     21日  ケトン食療法開始
    25日  東海大学病院にて晩期再発と診断
転移部位 :左頚部リンパ節、 肺門部リンパ節、 肺     
   12月6日 高濃度ビタミンC点滴療法開始(相武台脳神経外科)
     17日 組織検査結果  
        ルミナールAタイプ ホルモン陽性、 ki 67 5%、 HER2  陰性 
2017年 1月12日 松本市へ
     19日 信州大学にて治療開始 アリミデックス  1日1錠
    4月 7日 松本から帰って来る
     21日 東海大学病院診察
 
2、検査結果 腫瘍マーカー
2016年11月25日 東海大
    CA-15 39.2 u/ml (正 30.0未満)  CEA 1.4ng/ml (正 5.0未満)
2017年1月19日 信大
    CA-15 21.4 (正31.3 未満 )CEA  0.9  (正3.4 未満)
   3月1日  信大
    CA-15 15.8 (正31.3 未満) CEA  1.0  (正3.4 未満)
   4月28日 東海大
    CA-15 22.4  (正 30.0未満)  CEA 1.9 (正 5.0未満)
   5月26日 
    CA-15 19.5  (正 30.0未満)  CEA 1.9 (正 5.0未満)
   6月23日
    CA-15 17.6  (正 30.0未満)  CEA 1.4 (正 5.0未満)

3、高濃度ビタミンC点滴治療を受けての感想
2年ほど前から仕事や家庭‥でストレスから疲れが溜まり、昨年11月、乳がん再発と診断された頃は、体の状態も体力的にも限界の状況でした。ちょうど其の頃、娘が二人目の出産を控えて東京から松本に転勤することになり、手伝いに行くことにしていました。
 娘から高濃度ビタミンC点滴療法のことを聞き、早速ネットで家族が調べてくれ、加藤医師のサイトを見つけました。
まだ検査結果が出ていない時で、病院での治療方針も決まっていない状況だったので、標準治療しか頭になかった私としては、不安もありましたが、娘の熱心な勧めとサイトの中にあった内容に感銘し、この治療を受けようと心が決まりました。
クリニックに来たとき、目に入ったビデオを見て、病気の基本的なことに触れられていて、ほんとにそうだなと納得しました。
先生とお会いし、人柄にもまた安心しました。
高濃度ビタミンC点滴は、時間の問題から、集中的に受けるようにお願いし、点滴を受け始めたのですが、季節も寒い冬だったと言うこともあったのでしょうか、何せ点滴の針が入らないのです。それだけ体が冷え切っていたのだと思います。
陶板浴や体のコリを解消するリハビリなど、スタッフの皆さんも気持ちよく接していただき、点滴などの回数を重ねるごとに体の中から元気が沸き、気力も戻ってきたように感じました。
最初は、松本に一人で運転して行けるかと心配でしたが、出発する頃にはとても元気になっていました。
松本での出産・孫の面倒と、少々ハードな日々を送り、無事役目を終えて帰って来ました。
 5月19日に50gの点滴を受けました。この時、改めて高濃度ビタミンCのすごさを感じました。当初、集中して受けていたときは、体力も低下してがん細胞も活発だったからか、点滴後に元気になったという感覚がなく、反対に点滴の疲れを感じていました。
今は、点滴を受けた後は、力が漲ってくるようです。血管もよく出ます。

癌も生活習慣から来る代謝異常の病気と聞きます。
加藤先生も体にありがとうの思いを忘れず、体の中をきれいにし、今あるがん細胞に向き合う負けない体づくりと云われます。
私も、そう思います。
今、私も糖質制限・ケトン食に挑戦し、生活を見直しながら総合力でガンと共存できればと思っています。
また、先生にお力をお借りして、私の挑戦が何方かのお役に立てればと思っています。

   
                 2017年6月27日 (Y.A 67 歳 女性)
(以上、体験記転載)

  •  下記おすすめリンク