Shannel-S ラインアップ

「いたみとふるえの治療」東海大学脳神経外科教授 松前光紀先生
当院は、無床診療所でありますため、脳神経外科領域として、外科的(手術)な治療を行う施設ではありません。主たる行為は、診断、経過...
バランス力向上には、体の〇〇の動きが重要 山口創太先生第2回
こんにちは、相武台脳神経外科です。バランストレーニングの重要性が言われだして久しいですがその目的、意味付け、方法論に関して、体...
松岡修造氏に吉田沙保里選手がした冷静な指摘。辻秀一先生最終回
こんにちは、相武台脳神経外科です。今回チャンネルSでは、「スラムダンク勝利学」でお馴染みのスポーツドクター辻秀一先生を当院へお招...
体幹の筋トレでボディバランスは向上しない。Backboneバランス教室山口創太先生
こんにちは、相武台脳神経外科です。バランストレーニングの重要性が言われだして久しいですがその目的、意味付け、方法論に関して、体...
本当に相手を喜ばせたいのなら、まず、自分が気持ち良くなることが絶対必要。辻秀一先生第5回
こんにちは、相武台脳神経外科です。今回チャンネルSでは、「スラムダンク勝利学」でお馴染みのスポーツドクター辻秀一先生を当院へお招...
皆さんの努力は、間違っていない!藻谷浩介さん第7回(最終回)
こんにちは、相武台脳神経外科です。 本当に私達が望む生き方とは、何か?この根源的な問いができる時期に、私達日本人は、歴史的にみて...
すごい人ほど「ご機嫌」に価値をおく 辻秀一先生第4回
こんにちは、相武台脳神経外科です。今回チャンネルSでは、「スラムダンク勝利学」でお馴染みのスポーツドクター辻秀一先生を当院へお招...
普通に目を覚ましたらよいだけのこと。藻谷浩介さん第6回
こんにちは、相武台脳神経外科です。 本当に私達が望む生き方とは、何か?この根源的な問いができる時期に、私達日本人は、歴史的にみて...
「ごきげん」という言葉が生まれるまで。スポーツドクター辻秀一先生第3回
こんにちは、相武台脳神経外科です。今回チャンネルSでは、「スラムダンク勝利学」でお馴染みのスポーツドクター辻秀一先生を当院へお招...
子供に、生きる意味を聞かれたら?藻谷浩介さん第5回
こんにちは、相武台脳神経外科です。 本当に私達が望む生き方とは、何か?この根源的な問いができる時期に、私達日本人は、歴史的にみて...
第2回「日本人の可能性」
こんにちは、相武台脳神経外科です。今回チャンネルSでは、「スラムダンク勝利学」でお馴染みのスポーツドクター辻秀一先生を当院へお招...
日本人が目指すべきはヨーロッパ型か?アメリカ型か?あるいは?!第4回
こんにちは、相武台脳神経外科です。 本当に私達が望む生き方とは、何か?この根源的な問いができる時期に、私達日本人は、歴史的にみて...
本当に「大切なこと」の「価値」を伝えたい。スポーツドクター辻秀一先生 第1回
こんにちは、相武台脳神経外科です。今回チャンネルSでは、「スラムダンク勝利学」でお馴染みのスポーツドクター辻秀一先生を当院へお招...
国際競争力が高い国の知られざる共通点とは?「里山資本主義」藻谷浩介さん第3回
こんにちは、相武台脳神経外科です。 本当に私達が望む生き方とは、何か?この根源的な問いができる時期に、私達日本人は、歴史的にみて...
日本における議論は、ほぼ妄想から。「里山資本主義」藻谷浩介さん第2回
こんにちは、相武台脳神経外科です。 本当に私達が望む生き方とは、何か?この根源的な問いができる時期に、私達日本人は、歴史的にみて...
「脳腫瘍市民公開講座」北里大学脳神経外科主任教授 隈部俊宏先生第7回  (最終回)
注意:今回の講演ビデオには、実際の手術映像も含まれているため、苦手な方は、音声だけで聴いていただけますと幸いです。 こんにちは、...
人間にもともと合ったものを食する。河名秀郎さん第6回(最終回)
こんにちは、相武台脳神経外科です。 当院では、健康への道において、食を非常に重要視しております。 農業において、もっとも生命エネ...
現代日本社会はフィクションである!?「里山資本主義」藻谷浩介さん第1回
こんにちは、相武台脳神経外科です。 本当に私達が望む生き方とは、何か?この根源的な問いができる時期に、私達日本人は、歴史的にみて...
脳神経外科「魂」の歴史 北里大学脳神経外科主任教授 隈部俊宏先生「脳腫瘍市民公開講座」第6回
注意:今回の講演ビデオには、実際の手術映像も含まれているため、苦手な方は、音声だけで聴いていただけますと幸いです。 こんにちは、...
食物を食べることは、その栄養素を食べることではない!河名秀郎さんインタビュー第5回
こんにちは、相武台脳神経外科です。 当院では、健康への道において、食を非常に重要視しております。 農業において、もっとも生命エネ...