高濃度ビタミンC点滴記録 の記事一覧

,

保護中: 大腸癌 肝臓転移 闘病記録  71歳 女性

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

続きを読む
, ,

体との向き合い方の変化 記録

こんにちは、相武台脳神経外科です。 やはり、自分自身の命の危険にさらされた時、 前向きな気持になるということは、とてもむずかしいことです。 ただ、重くのしかかる不安のなかでも、 なにかのきっかけで、 前向きになれた瞬間が […]

続きを読む

「がんを克服するという目標」と「感謝に満ちた世界」の関係性

こんにちは、相武台脳神経外科です。 当院では、継続的に高濃度ビタミンC点滴を通して がん患者さんと関わらせて頂いております。 形は様々でも 当院が行っていることはすべて 「体の声を聴き続ける、そうすれば健康への道が拓ける […]

続きを読む
,

自律神経疾患の奮闘記録 51歳 男性

(以下、感想文よりそのまま引用) 以前より慢性的な疲れに悩まされていましたが、 昨年、自律神経の働きに異常があると診 断されました。 ですが、通常の病気と違い目に見えないので、 自分の怠け癖などが仕事に集中 […]

続きを読む
,

79歳男性 悪性リンパ腫  悲しいけれど感謝に満ちた時間

<以下 引用 そのまま記載> 患者 79歳 男性 悪性リンパ腫 報告 50歳 男性(息子) K・M 2017年8月上旬、父は悪性リンパ腫で、余命5日~1週間の宣告を受けました。 当時、父は地元の大病院で検査を受けていまし […]

続きを読む

75歳男性 胃癌、食道、リンパ節、肝臓に転移。 

(以下 そのまま引用) 相武台脳神経外科御中 毎度診療していただき誠にありがとうございます。 29年8月25日に胃上部に痛みあり検査で手術不能の進行がんと分かり抗がん剤治療することになりました。当初不安な気持にさいなまさ […]

続きを読む
,

49歳男性 病名 悪性リンパ腫

(以下体験記そのまま引用) 医療機関: 相武台脳神経外科 加藤 貴弘院長 初 診 : 2017年 9月 2日 再 診 : 9月 6日間 / 10月 7日間 /...

続きを読む
,

体質が変わると価値観が変わる?50歳男性(M.K.)相武台脳神経外科治療体験記

相武台脳神経外科 治療体験談 50歳 男性(M・K) (以下、引用) 日頃慢性的な疲労感があり、 集中力の欠如、眠気、だるさ、腸の不調(お腹の膨満感、排便の不順など) に悩まされていました。 酷い時には、翌日のことを考え […]

続きを読む
,

70歳 K.A氏5 その後続編

(以下体験記そのまま引用) (前回からの続き)   最近のわたしの生活から (術後の経過観察・ビタミンC点滴を継続しながら、日ごろの生活をストレス無くし平穏に) 神経過敏に 加齢が原因かとは思うが、最近特に神経 […]

続きを読む

46歳 女性 乳癌 多発転移

(以下 御本人からの高濃度ビタミンCに関する感想そのまま転載) 2008年6月乳がん発症。 同7月、左乳房全摘手術を受け、約4年のホルモン治療を行う。 順調に5年経過し定期検診でも問題なしといわれた矢先、胸骨に痛みを感じ […]

続きを読む
,

67歳 女性 Y.A.さん 乳癌晩期再発 

(体験記:以下転載) 1、 病歴 治療歴 1994年 8月    乳がん手術 2016年11月11日 東名厚木病院でのレントゲン検査の結果         乳がんの再発が疑われ東海大に紹介される      21日  ケト […]

続きを読む
,

70歳 K.A氏4 最終回

(以下体験記そのまま引用) 3.肺がん経過と生活 2013 1/10         宮下C 住民検診 勧められて肺がん検診    3/07          聖マリ呼吸器外来(I田先生)                ...

続きを読む
,

70歳 K.A氏3

(以下体験記そのまま引用) (先月からの続き)   最近の日常生活について ■2.術後の生活の改善(食事)  日常の食生活については、できるだけ生活リズムを規則的にするとともに、栄養バランスを考えて摂るように心 […]

続きを読む
,

70歳 K.A氏2

(以下体験記そのまま引用) 1.相武台脳神経外科に通院 (先月からの続き)  ●生活の見直しを  まず、指もみ手帳を提示された。半信半疑ながらやっていくうちに意味に少しずつ気づき始めた。「ゆっくりだよ。」「体の声を聞いて […]

続きを読む

70歳 K.A氏1

(以下体験記そのまま引用) 1.相武台脳神経外科に通院 経過概略  2013年1~3月肺がん検査にて陰影発見され、10月11日右肺上葉切除手術。 肺ろうを併発し癒着療法。11月29日退院し以後経過観察。2015年4月23 […]

続きを読む
,

看護師が患者になった時。

高濃度ビタミンC点滴、タカラボ陶板浴治療体験後の感想 以下感想掲載 私が相武台脳神経外科に最初に訪れたのは患者としてでした。その頃小学校の役員、次男はまだ手のかかる幼児 、勤務先を変えようと検討中で多忙の中 左手の痺れの […]

続きを読む

それぞれのがん奮闘記(体の声を聴き続ける。)30代男性Aさん第6回

高濃度ビタミン点滴を、がん患者さんに当院で、提供させていただくようになり、二年余り経過いたします。そもそも、当院の存在理由は、体からのメッセージを通して、体との向き合い方をお伝えしていくということにあります。もちろん、が […]

続きを読む
,

それぞれのがん奮闘記(体の声を聴き続ける。)30代男性Aさん第5回

高濃度ビタミン点滴を、がん患者さんに当院で、提供させていただくようになり、二年余り経過いたします。そもそも、当院の存在理由は、体からのメッセージを通して、体との向き合い方をお伝えしていくということにあります。もちろん、が […]

続きを読む
,

がん治療の盲点:「素人は戦略を語り、プロは兵站を語る。」

こんにちは、あまり知られてはいないことかもしれませんが、当院における高濃度ビタミンC点滴を行っている患者さん(ほぼがん患者さん)の満足度は実は高いです。高濃度ビタミンC点滴をはじめて2年弱ではありますが、病状が厳しい患者 […]

続きを読む

それぞれのがん奮闘記:30代男性 Aさん(これまでの自己変化)第4回

高濃度ビタミン点滴を、がん患者さんに当院で、提供させていただくようになり、二年余り経過いたします。そもそも、当院の存在理由は、体からのメッセージを通して、体との向き合い方をお伝えしていくということにあります。もちろん、が […]

続きを読む