こんにちは、相武台脳神経外科加藤貴弘です。 最近診療をさせていただいていて、 当院に来院される頭痛をはじめとする 様々な体の不具合をかかえられている小児患者さんの数の多さを実感しております。 それは、現代の都会で成長する […]

Shannel-S ラインアップ

ここ5,6年で中高生の世界が劇的に変わった!? 原田塾 塾長 原田修平先生 第1回
こんにちは、相武台脳神経外科加藤貴弘です。 最近診療をさせていただいていて、 当院に来院される頭痛をはじめとする 様々な体の不具合...
妊孕率を上げる簡単で費用のかからない方法とは? 第4回
現在、日本人の多くの夫婦を悩ます不妊症。 本当に切実な問題です。 しかし、妊娠するということにフォーカスすると 問題がはっきり見え...
高度な技術で頭蓋内に巡りの道をつくる。 良性腫瘍の手術 第3回(最終回)
こんにちは、 相武台脳神経外科 加藤貴弘です。 今回、チャンネルS 市民公開講座では、 2018年2月より、熊本大学より 北里大学脳...
脳血管内治療による血栓回収療法 第3回
こんにちは、 相武台脳神経外科 加藤貴弘です。 本日は、先月に引き続きまして 脳血管内治療に関しまして、 北里大学の山本大輔先生に...
経鼻的内視鏡脳腫瘍手術を可能にした技術
こんにちは、 相武台脳神経外科 加藤貴弘です。 今回、チャンネルS 市民公開講座では、 2018年2月より、熊本大学より 北里大学脳...
内視鏡を用いた脳腫瘍手術1
こんにちは、 相武台脳神経外科 加藤貴弘です。 今回、チャンネルS 市民公開講座では、 2018年2月より、熊本大学より 北里大学脳...
脳血管内治療による血栓回収療法 第2回
こんにちは、 相武台脳神経外科 加藤貴弘です。 本日は、先月に引き続きまして 脳血管内治療に関しまして、 北里大学の山本大輔先生に...
脳血管内治療による血栓回収療法第1回 北里大学脳神経外科 山本大輔先生
こんにちは、 相武台脳神経外科 加藤貴弘です。 本日は、市民公開講座にて、 良性脳腫瘍に関しての お話を北里大学脳神経外科  秀先生...
覚醒下手術の限界と未来 第5回(最終回) 
北里大学脳神経外科主任教授隈部俊宏先生を 当院に再度お招きして 「脳機能マッピング」についてお話をいただきました。 前回のご出演の...
黒ガリンの現地の方々への恩返し  第5回最終回
こんにちは、相武台脳神経外科です。 強い生命力にあふれる、食材に 触れると、 なにがしかの病気に効果があるとか、 効能がどうか、と...
神経線維を温存し術後の後遺症を最小限にとどめる。脳機能マッピング第4回
市民公開講座: 今回は、 北里大学脳神経外科主任教授隈部俊宏先生を 当院に再度お招きして 「脳機能マッピング」についてお話をいただ...
黒ガリンが1000年以上表舞台に出てこなかった理由。第4回
こんにちは、相武台脳神経外科です。 強い生命力にあふれる、食材に 触れると、 なにがしかの病気に効果があるとか、 効能がどうか、と...
「本物を届ける難しさ。」佐藤恭男さん第三回
こんにちは、相武台脳神経外科です。 強い生命力にあふれる、食材に 触れると、 なにがしかの病気に効果があるとか、 効能がどうか、と...
不妊治療の真実:各国の先天奇形、不妊対策とは?出居 貞義先生 第3回
現在、日本人の多くの夫婦を悩ます不妊症。 本当に切実な問題です。 しかし、妊娠するということにフォーカスすると 問題がはっきり見え...
ただ、本物を届ける。
こんにちは、相武台脳神経外科です。 強い生命力にあふれる、食材に 触れると、 なにがしかの病気に効果があるとか、 効能がどうか、と...
脳神経外科覚醒下手術「全ては患者さんの快適さと結果のために。」第3回
市民公開講座: 今回は、 北里大学脳神経外科主任教授隈部俊宏先生を 当院に再度お招きして 「脳機能マッピング」についてお話をいただ...
東南アジアの奥地で連綿と育まれた、門外不出の生薬。佐藤恭男さん第1回。
こんにちは、相武台脳神経外科です。 強い生命力にあふれる、食材に 触れると、 なにがしかの病気に効果があるとか、 効能がどうか、と...
不妊治療の真実:現代日本人女性の栄養状態。  出居貞義先生第2回
現在、日本人の多くの夫婦を悩ます不妊症。 本当に切実な問題です。 しかし、妊娠するということにフォーカスすると 問題がはっきり見え...
脳神経外科覚醒下手術の過去15年における劇的な技術進化。
市民公開講座: 今回は、 北里大学脳神経外科主任教授隈部俊宏先生を 当院に再度お招きして 「脳機能マッピング」についてお話をいただ...
早島英観さんのお祖父様と当院との偶然の関係性 (最終回)
こんにちは、相武台脳神経外科です。 当院は開業以来、一貫して 体との向き合い方を発信し続けてきております。 それは、自分自身の「在...