この話は本当はしてよいものかどうか分かりません。
しかし、昨日、私の尊敬すべきメンターと酒をかわしていたとき、
彼に何かが乗り移ったかのように話し始めたのです。
それはきっと66年の歳月を経て、日本の魂を守り抜いた方々からの
私へのプレゼントそして
今の時代へのメッセージなのかもしれません。

~奇跡的に照らされた「平和の礎」
「死なせてはいけない日本人リスト」からの贈り物~

「失礼つかまつりたく候。
別れの杯をあげたく候。
アルコールを頂戴いたしたく候。」

深く静まり返った夜、
机に向かっていると、後ろの扉をたたく声が聞こえた。

私は、研究用と偽って余分に配給させたエタノールに氷砂糖と水をまぜ、
絶妙な配合のカクテルをそっとつくりあげた。

青年はここ満州の山奥で、ひとつの人生を二十歳そこそこという年齢で、
明日終えようとしている。
今晩は最後の夜だ。存分にのめ!

日本のために死ななくてはいけない若者
日本のために死んではいけない私

「死なせてはいけない日本人リスト」
毎日毎日 原子爆弾製造計画の進捗状況が、確認される。
リストのメンバーは、すぐにでも製造可能な能力が自分たちにあることを知っていた。

しかしこれを作ってどこで実験するというのか?
日本の持っているプロペラ機の機動力で実験できる地点は、
成功するにしても失敗するにしても必ず日本人が被爆する。
我々は、我々の原爆はまだできないと、「しら」を切り通そう。
それが、未来の日本人への贈り物であるし、我々リストメンバーの誇りだ。

私は、目の前の青年のひとみをじっと見て、
「戦争が終わったら必ず日本を立て直してみせる。」と
何もできない痛みと戦う心の中で誓った。

現代の私たちの命は、散っていった若者の思いのおかげで頂いた命です。
散ることができなかった若者の思いのおかげで頂いた豊かさです。

たとえあなたが今無一文だとしても、それはたくさん頂いた上での無一文です。
ただその事実を、しっかりと認識し

「生かされている」

そう気づけたことが
私の原点です。

昨夜は本当に不思議な体験でした。
今日も最後まで読んでいただき大変ありがとうございました。
この体験を広島原爆の日に捧げます。