開業7周年を迎えて

こんにちは、今年の6月30日を持ちまして
開業させていただいてから おかげさまで7周年となり、

2018年7月2日から8年目に入ります。

当院が、発信させいただいている、ブログなり、映像を
見ていただくとご理解いただけると思いますが、
当院が誇れる唯一のことがあるとすると

開業当初から、発信させていただいている内容にブレがないということです。
その理由は、絶えず、当院の存在理由に立ち返る作業を
職員とともに毎日行ってきて、それを継続しているからだと考えております。

その姿勢は、開業当初は、叩かれる要因でしかありませんでしたが、
年を重ねるごとに強みとなり、さらにその強さが,
関わっていただいている患者さんとともに
心地よく増幅してきております。

当院の存在理由とは、

「体の声を聴き続ける、そうすれば健康への道が拓ける。」

という メッセージを 自分も含めて 
関わっていただける人たちに伝えていくことです。

僕自身,
脳卒中の患者さんを主とした修羅場のような救急の医療現場で、
悪戦苦闘させていただいた経験の中で、
日本の医療が混乱している原因は、
医療自体が悪いわけではなく、
(むしろ 日本の医療は叡智の塊のような
洗練されたものなのですが、)
その医療がいつの間にか、
目的となり 手段であることが忘れられている。
つまりは、そもそも自分と体とどのような向き合い方をするのか、
その人間としての生き方、あり方の部分といった根幹となっているものが、
日本人の中で、失われてきているためだと気がつきました。

病気があれば、何か、手段を施さねばならない
と条件反射のような医療現場となり、
目先のことで、思考停止した状態で
混乱している現場を目の当たりにさせられました。

実際、
脳卒中で、今後意識が戻らず 寝たきりの可能性が高い
90代の方に 人工呼吸器をつける判断を医師から迫られた場合、
家族は、バタバタの状況でとにかく治療したい一心(治療が目的となった状態)で
人工呼吸をつけるという判断を行い、
その後、ご家族が考えもなかったような、
現実がふりかかってきて、
本当にその状態を 患者さんが 望んでいたかどうかなどは、
ないがしろになり何年も寝たきりの状態が続く、という現実もあります。

そのため、
まずは、体との基本的な向き合い方を発信する診療所となる。
というのが開業当初での決意でした。
そのことが、
僕が、今の日本の医療の中で一番必要なことだと痛感したからです。

それは、今でも全く変わっておりません。

開業後7年経過して

当院への入り口として 
脳卒中、頭痛、めまい、だけではなく
がん治療、不妊治療、
チャンネルS (無料インターネット映像公開講座)
診察室延長戦(youtube 講座)
THE HEALTH ACADEMY (e ラーニングプラットホーム)
希少な生薬黒ガリン の販売
メトロノームトレーニング
メディカルx仏教 のお寺での講義
と多くなってきております。

そのため、
2018年の 意識する流れとしては 
「整」 という 
目標を立たせていただいておりました。

ただ、
一つのメッセージを伝えたいだけなのに、
どんどん
当院にコンテンツが集まってきている状況で、
その集約する作業を、
舞台裏では、多くのエネルギーを使い、
粛々と進行させております。

さらに、
7年間 そのメッセージ伝えていくこと深めていくことを
行いながら、
実感させていただいたことは、
「コミュニティーの力」 もっとコアな 
「チームの力」の大きさです。

開業当初から、
日本の組織づくりのパイオニア ヒューマンバリューさん
とのご協力の元、
四苦八苦ししながら、 
誇れるスタッフ達と 力強い
チームを作ることができました。

さらに、
おそらく今年の年末には、産声をあげることになる
チームの進化系ティール組織への挑戦を
発表することができると思います。

実は、
オランダの医療を数年という短期間で劇的に変えた人物がいます。
それは、一人の看護師さんでした。

その方が立ち上げた ティール組織の先駆けである
オランダのチームと なんと 当院が
タッグを組んで ジョイントベンチャーで、
挑戦的なチームを日本の相武台に創設します。

そのための素晴らしい人材も 
おかげさまで整ってきております。

当院に来院されるとわかると思いますが、
スタッフの数が多いです。

今、絶望的な人材不足の中で、
こんなに人材に溢れる職場も、
稀であると思います。
その理由の一つには、
ティール組織の息吹が芽吹き始めているからだと
自負しております。

7年前は、
このような未来を想像することが、
できませんでしたが、
皆さんのお力のおかげで
年を重ねるごとに
ワクワクドキドキ感が増してきております。

8年目もどうぞよろしくお願いいたします。

2018年 7月 2日  加藤貴弘拝

 

  • 下記おすすめリンク