HIROSHIMA
こんにちは、3年前の8月6日、
偶然頂いたストーリー。
それ以来、8月6日は、
このお話から、はじめるようにしています。


この話は本当はしてよいものかどうか分かりません。
しかし、昨日、私の尊敬すべきメンターと酒をかわしていたとき、
彼に何かが乗り移ったかのように話し始めたのです。
それはきっと66年の歳月を経て、
日本の魂を守り抜いた方々からの私へのプレゼント
そして今の時代へのメッセージなのかもしれません。

~奇跡的に照らされた「平和の礎」
「死なせてはいけない日本人リスト」からの贈り物~

「失礼つかまつりたく候。
別れの杯をあげたく候。
アルコールを頂戴いたしたく候。」
深く静まり返った夜、机に向かっていると、
後ろの扉をたたく声が聞こえた。

私は、研究用と偽って余分に配給させたエタノールに氷砂糖と水をまぜ、
絶妙な配合のカクテルをそっとつくりあげた。
青年はここ満州の山奥で、ひとつの人生を二十歳そこそこという年齢で、
明日終えようとしている。

今晩は最後の夜だ。存分にのめ!
日本のために死ななくてはいけない若者
日本のために死んではいけない私
「死なせてはいけない日本人リスト」
毎日毎日 原子爆弾製造計画の進捗状況が、確認される。

リストのメンバーは、
すぐにでも製造可能な能力が自分たちにあることを知っていた。
しかしこれを作ってどこで実験するというのか?

日本の持っているプロペラ機の機動力で実験できる地点は、
成功するにしても失敗するにしても必ず日本人が被爆する。

我々は、我々の原爆はまだできないと、「しら」を切り通そう。
それが、未来の日本人への贈り物であるし、我々リストメンバーの誇りだ。

私は、目の前の青年のひとみをじっと見て、
「戦争が終わったら必ず日本を立て直してみせる。」
と何もできない痛みと戦う心の中で誓った。

現代の私たちの命は、
散っていった若者の思いのおかげで頂いた命です。
散ることができなかった若者の思いのおかげで頂いた豊かさです。

たとえあなたが今無一文だとしても、
それはたくさん頂いた上での無一文です。

ただその事実を、しっかりと認識し 「生かされている」
そう気づけたことが私の原点です。

昨夜は本当に不思議な体験でした。
今日も最後まで読んでいただき大変ありがとうございました。
この体験を広島原爆の日に捧げます。
~ 以上は2011.8.6当ブログの記事です。
私が実際に経験した、ちょっと神秘的な経験です。

非常に大切なメッセージと心得ておりますため
毎年8月6日にこの記事を載せるようにしております。

私たちは、生きていると、様々な「問題」に直面します。
診療所では、もちろん問題(症状)を持った方が来院されます。
3年間仕事させていただいて、気がついた事があります。
のべ6万人以上の方とお話しましたが、
症状がご自身に何を訴えたいのか?
症状(問題)がご自身にどのような意味をもたらしてくれているのか?
ということをご自身に質問されている方は、
一人もおりませんでした。
(もちろん、私も偉そうに言える訳ではないですが、)

これが、私も含めて、
人間の思考回路の特性とし、そのままにしておくのは、
実は、非常にもったいない事です。

ご自身の症状が、ご自身に何を訴えたいのか?と、
ひとたび考えることにより、
その症状が、忌み嫌うものから、
宝物の在処を教えてくれる道しるべ
へと一変するのです。

目先の単純な、痛みから、
何かの「結果」としての痛みへと捉え方が変わるのです。

その質問をご自身にされることで、
何か(原因)の存在を漠然と、少しずつ考えるようになる。
何かを考えていく時、
様々な次元の広がりが頭の中でおこります。

痛みという結果への、立体的な3次元的な広がり、
痛みという結果への、社会的な人間の関係性の広がり、
痛みという結果への、自分の体を取り巻く環境への広がり、
痛みという結果への、生まれてから、今日までの時間的な広がり、
痛みという結果への、ご先祖からの遺伝子的なあるいは歴史的な広がり、

ただ、毎日毎日様々な問題に、
対処しなくてはいけない私たちは、
得てして、痛みを消す事が、問題解決であると、
勘違いしてしまうきらいがあります。
(火災報知器を消して満足しています。)

これが、実際、3年間で6万人の患者さんを、診察させていただき、
私が感じた都会で住む人間の現実の思考回路です。
(もちろん私も例外ではないと思います。)

実は、痛みを消す事が、
問題解決だとの短絡的な思考の習慣の先に、戦争があります。
人類は、何も考えず、
ただ、壊れたロボットのように、
お金を儲け続け、便利さの追求をし続け、
覇権争いに従事し続け
人間が元来持っている思考能力を捨てた状態で、
破滅の道へ進むのか?

もう一度、「思考」という武器を取り戻し、
目を覚まし、人類として進化することができるのか?

少なくとも私自身は、
8月6日という日を、
日々の問題から少し距離を置き、
過去へ思いを馳せ、
「時間の流れ」
「ご先祖様が私に託したメッセージ」
をゆっくり感じる日にしています。

長文おつきあいいただきありがとうございました。

 下記お勧めリンク