┏ご挨拶:「あり方」の実践。
┣当院からのお知らせ: 
①ナチュラル・ハーモニー代表 
河名秀郎さんインタビュー 第1回
②北里大学脳神経外科主任教授  
隈部俊宏先生
特別講演第2回「脳腫瘍の治療」

┣ Kanako’s eye:連動ブログ:2014/12/17
┗スタッフからの最近のコネタ:冬の過ごし方、東洋医学的見地から。
編集後記:地方の時代へ

■□ご挨拶━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥

新年あけてから2週間近くたちました。
年末のメールマガジンでは、
今年は「あり方」への
提言していくとの
決意を表明させていただきました。
当院は、医師一人で運営している、
小さな診療所です。
できない事は、非常に多いです。
ただ、できる事も非常にあります。
患者さんに対して、できない事で、
(もちろん共感は、できうる限り
させて頂きたいものの、)
同情したり、
落ち込んでいる時間は、
ありません。
自分自身の分を知り、
(自分を過大評価せず)
しっかりとできる事を、
全力で行っていきます。
また、新年のご挨拶では、
今年の方向性を
「捨」の一文字に
集約させていただきました。
自分の能力で、できない事への執着を、
まずは、捨てていきたいです。

今回は、
穏やかな晴天に恵まれている、
宮崎県「青島」より
相武台脳神経外科メールマガジン第22号
をお送りいたします。
20151

■□当院からのお知らせ━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

お知らせ 1

当院では、健康への道において、
食を非常に重要視しております。
農業において、
もっとも生命エネルギーの
強い作物を生産するには、
どの様にしたらよいか?
30年近く前からそのことのみを
追求してきた会社があります。
株式会社ナチュラルハーモニーです。
その会社の行き着いた究極の農業の基本。
「無農薬、無肥料。」
その詳細を代表の河名秀郎さんに伺いました。
本来生物はどのようにあるべきか?
実は、私達日本人の思考で盲点になりやすい、
「あり方」に関して、
非常に示唆に富んだお話をいただきました。
チャンネルSから
1月19日にその第1回目を、
配信させていただきます。
(先月、予告して配信できず申訳ございませんでした。)

お知らせ 2

北里大学脳神経外科主任教授
隈部俊宏先生に
当院まで来院いただき、
「脳腫瘍の治療」に関して、
ご講演いただきました。
第2回目を1月26日に、
チャンネルS市民公開講座より、
配信予定です。

第1回目はこちら

■□Kanako’s eye━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

大学時代の友人10人前後と

予定を合わせてよく集まっているのですが、

よく食べ、よく飲み、よく騒ぎ、

またしばらくするとどこかから声があがり

次の予定を決める・・・

というのがいつもの流れです。

最近の集まりはクリスマスパーティーでした。

今回のプレゼント交換のルールは

「黄色」で「3000円以内」のもの。

輪になって音楽をかけて止まったところの

プレゼントをもらうという

定番のアレをやったのですが、

私はタオルとピアスが当たりました。

「わー!かわいい!ありがとう!」

これは本心です。ただ、

「私ピアスの穴開いてないんだけどねー!(笑)」

全員が「えー!!(笑)」

するとそのプレゼントをくれた友人が

ものすごい早さで自分がつけていた

イヤリングを外し、

「これならイヤリングだから!

つけてたやつでごめん!(笑)」

とピアスとイヤリングを交換してくれました。

これが私の心に響いたのは、

私にとって不要な「ピアス」が

実用的な「イヤリング」に

変わったからではなく、

友人の温かい心を感じたからでした。

どんなものをもらうか、

自分にとって欲しいものかどうかではなく、

その友人が相手のことを想ってしてくれた行動や、

プレゼントを選ぶ段階で何をあげようかと考える

その過程がとても嬉しかったのです。

「やり方」ではなく「あり方」が

大事だなと感じる一場面でした。

思いやりに溢れる友人からのイヤリング、

大切にします。

連動ブログ:2014/12/17

 <看護師 工藤 香菜子>

■□スタッフからの最近のコネタ━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

新年あけましておめでとうございます。

今年も身近にできる健康法というテーマで、
皆様に情報を配信していきます。

今回は冬の過ごし方についてお話し致します。
東洋医学では冬の時期を「閉蔵」といいます。
「閉蔵」とは、
「蔵に閉じて収める」という意味で、
冬は、体内の生命エネルギーの発散を防ぎ、
春の芽生えの時期に爆発的な成長に向けて
エネルギーを蓄えるという季節です。

生活のリズムとしては、夜は早く寝て、
日の出とともにゆっくりと起きます。
また、身体を動かす事は重要ですが、
過度に動かしてエネルギーを発散し過ぎるのは
良くないとされています。
精神的にも気を静め、なるべく「志」は抑えて、
普段の生活に満足をして過ごすことが
良いとされています。
冬は、このような生活スタイルが、
自然との調和がとれた
生活リズムであるとされています。

春の成長に向けて、
力を蓄える様に生活していきましょう。

<鍼灸師 江澤和寿>

 下記お勧めリンク

編集後記;

今年最初のメールマガジンは、
宮崎県からの配信です。
地方を旅するといつも、
これからは、日本の地方の時代だと、
強烈に感じます。
全体から個へ
中央から地方へ
メジャーからマイナーへ
国の繁栄、GDPに
あくせくするというよりむしろ
一つ一つの命が、
本質的なエネルギーを輝かせることに
価値がおかれる時代だと思います。
まずは、自分から、
与えられたかけがえのない命を、
文字通り、命がけで、「燃やす。」
一年にしていきます。
どうぞ、よろしくお願いいたします。