こんばんは、

ずいぶんブログを休んでしまいました。

開業して 2年目を迎えるにあたり、 開業を勧めていただいた、日本の脳外科を立ち上げたともいえる偉大な先生にご挨拶を終え、
実は新たなプロジェクトへ向けて、大きな舵取り、決断をいくつか迫られる日々が依然として続いています。
しかし、「自分で自分の体を手入れする。」ことをただ伝えたいそのことからは全くぶれません。
自分が抱えている「宝」が大変なものなので、どのようにすれば一番impactが強いか、模索中です。

そのような状況で、自分では、全く実感のわかない、お金の話や、社会の話などをしていると、とてもとてもなぜだか、孤独感に襲われることがあります。

今日も、大きな台風の後で、秋のような香りの漂う、たそがれのためか、そのような気持ちになってしまいまいた。

そんなとき、社会人になって一年目、医師になって一年目、僕は直面する 現実が受け止めきれず、なぜだか書いたこともない詩を書いていた時期がありました。
その詩を読み返すということを、してみました。

今年、医師となり11年目です。
10年前の僕は語りかけてきます。「10年後の僕へ」
僕はとてもとても変わったと思います。でも、もしかしたら何も変わっていない気がします。
10年前の詩にあぶり出ている心の叫びは、抱えきれない現実があぶり出した、僕自身の原型、本質かもしれません。
10年前の僕と、今の僕の大きく違うところは、「僕自身の原型、本質」を感じているところではないかと思います。
何十編かありますので、 しばらくシリーズでこのブログにのせたいと思います。もしよろしければ、感想などいただけますとうれしいです。

10年前の詩集より、、、

初めましてそしてさようなら

君にあったのは
もう旅立った後だったね
点滴取らせてね。さっきの子はこれで目がさめたんだ
泣き叫び、お母さんに抱きしめられてやっと泣き止んだのだよ
君もめいっぱい暴れてごらん、
真っ白で冷たい手、喉頭鏡の入りにくい固く冷たい口
つかの間の63日というこの世の滞在
君のお母さんはね今の君を抱きたくないって
そうだね、君はもういってしまったんだ・・・。
これからは僕らの仕事
君の旅立ちをお母さんに伝えること
男の人たちにかかえられて入ってきた君のお母さん
必死で君を見まいと、逃げようとする
力の限り現実を否定する言葉を張り上げる
そして
無情に響く死亡宣告
力尽き床にくずれる、、
君を産んだときの、あの自信たっぷりで、
未来を信じ
一人で君を育てる決意をした
君のお母さんは今、
・・・

ここのベッドの上には
行き場を求め
静かに現実が佇んでいる

fromER

健康獲得方法のご提供にむけて