「負けたことがある」というのが、いつか大きな財産になる
         by 堂本監督(漫画スラムダンクより)
Surfer on Amazing Wave

私は、高校卒業までは、
実家が貧乏で苦しいという状況ではなかったため、
食や、物質的には恵まれた環境で育つことができました。
にも、関わらず、10代の頃
なにか、日に日に、自分の中で不足感が、つのっていったのです。
自分の中で何かをやりたくて、なにかが不足だったのですが、
それがなにかが、分かりませんでした。
18歳で、実家を出させていただき、はや20年が経ちましたが、
何が足りなかったのか、今となっては、はっきりわかります。
それは、あの当時は、
「生きていなかった。」
「命を感じていなかった。」のです。
一つの成長の段階だとは、思うのですが、
気がつくのが、少し遅めの年齢だったかもしれません。

自分が「正しい」という世界があります。
その世界は、たしかに、家に引きこもって、
あるいは出家して自分だけの世界をつくれば、
(もちろん、本物の出家はこれには、あてはまりません、、)
守ることができるかもしれません。
しかし、それは砂上の楼閣です。
なぜなら、自分が正しいと考える世界観の背景には、
もっともっと奥深い「正しい」世界があるものです。
けれども、
その、正しいことに相対する負の世界を
実感として体験していなければ、
その背景を実感できません。
存在すら分かりません。
どれだけ、
奥深く「正しい」のか分からないのです。

そのため、
少しのストレスに弱くなり、
結局、その、ちっぽけな自分を守ろうとして、
どんどん引きこもっていくという悪循環を生みます。

その意味で、自分にとっての、挫折の経験、や負の経験は、
自分の目指す、世界観を非常に強固にする土台を作ってくれるのです。
負の経験から逃げない事、それはつまり、
人生の一瞬一瞬を勝負するという事。
生ききる事。

意外にこの事は、難しい事だと、
友人に先日、教えていただきました。
また、それでつまずいている人達も
周囲で多いことに気が付きました。

もちろん、自分自身も、
自慢できるほど、
生ききっているわけではないですが、
振り返ってみると
社会人になってから逃げない習慣が、
ある程度、いつも間にか、
つけさせていただいていました。

それは、脳神経外科医としての業務の中で
知らず知らずのうちに、
身についていたものだったのです。
脳神経外科医になってからは、自分としましては、
逃げたくなるような絶望にさらされる事や、
患者さんの非常に追い込まれたぎりぎりの救命場面に
責任もって対処しなくてはいけない状況が、
二週間に一回ぐらいの頻度では、直面していました。

今となっては、よく、気持ちがもっていたな、
と過去の自分を感心するのですが、
その経験のおかげで、ほとんど負け戦でも、
絶望の縁にたたされても、
周囲の状況が混乱しすぎて、自分で理解不能でも
やりきる習慣が、立ち続ける習慣が、
いつの間にか自分についていました。

開業して、診療所を運営する立場となっては、
また、別の意味で、
追い込まれる状況は、多々あります。
しかし、
患者さんとの話がうまくいかなくても、
職員との関係が、うまくいかない場合でも、
資金繰りがぎりぎりの状況でも、
関連業者に怒鳴られても、
どんなピンチにさらされても、
「やりきる」覚悟があり、
それが自然な態度となっている自分を
最近、友人より指摘していただき気がつきました。

そして、
「診療所を運営する。」という決断、意図を
静かに揺るがずにもっていることで、
絶望のふちにたたされても逃げなければ、
いつの間にか、問題が沈静化され事態が、
物事の流れが、展開していくことが多いことも
やり切る経験を重ねることで、実感しています。

「あきらめたらそこで試合終了ですよ。」
by安西先生。(漫画スラムダンクより)

生きるとは、逃げずに勝負すること。
その上での、負の経験は必ず、
自分にとっての強固とした土台になります。

「負が正を際立たせる。」

そして、その背景に「意図」があったときには、
正の経験、負の経験に
「意図」が方向性を持たせ、
自分の理想とする波を発生させます。
それが、自分の魂を燃やす行為、
人間一人一人の命が、
与えられた使命の気がします。

よく陥りやすい人間の習慣として、
「意図」をもった勝負をするのではなく、
負の経験そのものと戦ってしまている状況の方が、
多いように思います。

片頭痛で悩まれている方は、その典型です。
毎日毎日 頭痛で悩まれている方の多くは、
いつも戦っている相手が、
「頭痛」になってしまっています。
頭痛を、和らげるにはどのようにしたらよいか、
しか頭にありません。
頭痛だけを抑えても何も解決されません。
それどころか、
状況は、負のスパイラルに入ります。

ご本人が、本当に意図したい事。
それは、
「片頭痛が起きない自分の体の状態になる。」
ということではないでしょうか?
でも、現実的には、片頭痛患者さんで、
この意図を持っている方は、
皆無といってよいでしょう。
診察室で、片頭痛に対しての印象を伺うと、
「つきあっていくしかないと思っている」
と答える方がほとんどです。
せっかく、負の経験をしても意図しなければ、
ご自身の魂の波は、発生しません。
その反面、本質的な解決を意図した瞬間に、
負の経験が自分にとっての
「宝物」へと転化するのです。

ご自身の、今までの過去の経験、
負と考えられている経験は、
自分がどうありたいか?という
「意図」が本質的になればなるほど、
その瞬間に宝物へと変化します。

私自身、「過去」は、
変える事はできないと考えております。
しかし、
自分にとっての「過去の価値」は、
変える事ができるのです。

(下:清流古座川河川敷にて、「坐る。」平成27年3月21日)

10857906_10203675193065115_4541853762332176772_n

 下記お勧めリンク