Composite image of businessman standing with hands behind back standing next to dna spiral on orange backgroundこんばんは、
今日は当院では、
月一回の頸動脈エコーを中心とした、日曜診療の日でした。
⇒頚動脈エコーの重要性は、こちら
また、診療報酬請求業務のため、
事務員が出勤日となっている日です。
最近、バタバタの日々が続きましたので、
久しぶりに静かに書類整理をさせていただいております。
ところで、朝からyahoo天気では、
相武台の天気が、一日中晴れマーク:快晴の予報でしたが、
実際は一日中、空は厚い雲に覆われていました。
閲覧者が、実際の天気をクリックするコーナーで、
晴れ 0人 曇り 10人 と圧倒的に曇りが多くても
頑固に3時間毎の予報を、
「晴れ」で1日貫き通したyahoo天気コーナー、
まさに天晴です。

さて、世の中には、
様々な解決が難しい問題や、
理解し難い状況などが、たくさんあります。
健康に関しての問題しかり、
国際情勢に関してもしかりです。
国際情勢に関しましては、
モスクワ在住の北野幸伯さんのメルマガを数年前から
拝読させて頂いており、
(北野さんのHPは、こちら
そこで、興味深い文章に出会いました。
「国際情勢または、政治を難しくしている理由は、
当事者の本音と建前が存在するから。」
建前を本音と捉え、
政治や世界情勢を捉えると、途端に理解できなくなる。
その二つを、混同しないために、
問題に対して、距離感をとって大きくみることが必要。
距離感を変えてみれば、この国の本音はどこにあるのか、
浮き彫りにされてくる。
北野幸伯さんの国際情勢の捉え方でみると
その国の本音を理解するために、
どこかの大国のように、
各国首脳の電話に盗聴器をつける必要性など、
ないことがわかります。
逆にそのように近すぎる細かい情報に囚われると、
「大きな本音」がみえなくなる。

そのように、
問題に対して距離感を間違えると本質が捉えられなくなる例に、
「性善説」「性悪説」があると私自身は考えております。
人間の本性は基本的に善であるとする倫理学・道徳学説
人間の本性は基本的に悪であるとする倫理学・道徳学説
どちらが正しいのでしょうか?
こちらも、距離感の問題です。

私は、仏教に詳しくはないですが、
先日のダライ・ラマ法王の講演会で仏教の大切な考え方の一つ
「相互依存」
という言葉を法王は、話されていました。
相互依存:自分と他人は、境がなく、つながっており、影響しあっているとの考え方。

人間という動物を、
単体でみると、「ある人」、「その別の人」と別れて見えてくる。
別れて見えた時点で、「ある人」の行動は、
「その別の人」にとってみると、
「善」とも捉えられるし、「悪」とも捉えられる。
別々、個々人と考えた時点で、善悪、価値観が生まれる。
そこから様々な問題が発生する。
なぜなら、
「ある人」が善と考えて行った行動も
「その別の人」には悪と受け止められると、問題がこじれ非常にややこしくなる。
このことは我々の生活の中で、
日常茶飯事に起こっていることではないでしょうか?
そのような、人間関係に悩んでいる時間が、
人生の時間のなかでなんと多いことでしょうか!
しかし、実際には
善悪、価値観を考えれば考える程、
その思考は迷宮に入り、抜け出ることは難しくなります。
なんといっても、
紀元前から2000年以上
性善説、性悪説のどちらが本質的なのか、
解決できなかったのですから。

このように、思考が迷宮入りした場合は、
私は絶えず、
問題に対して「距離感を変える」ことをしていきます。

個々人の人間関係をその会社全体で考えた場合、
家族同士で考えた場合、国単位で考えた場合、
生物としたとらえた場合、自然の一部としてととらえた場合
宇宙全体でとたえた場合
歴史の中でとらえた場合、歴史の時間スケールを大きくした場合、

このように変化させていくと、人間関係の捉え方で、
本質的には、
「価値観など存在しない。」との感覚をもつことが可能です。

トラが鹿を食べる時、そこに善悪はありません。
生物としての法則があるだけです。
恐竜が、絶滅した時、そこに善悪はありません。
理由は定かではないですが、
「環境に適応できなかった。」という法則があるだけです。

人間が健康であること、
つまり体の調和がとれている状態は、
そこに価値観はありません。
身体が調和しているという法則があるだけです。

国が繁栄した状態にある。
そこに善悪はありません。
そこには、単純に「法則」があるだけです。
(詳しくは北野幸伯さんメルマガ参照されてください。)

人間関係がうまく行っている状態、
そこに価値観はありません。
出会いの段階で、
価値観から、つながるという入り口はあるにしても、
その関係性が、長く良い状態を継続できる場合は
ある「法則」があるだけです。
そこには「価値観」はありません。

その「法則」こそが、おそらく、
心の奥底に流れている
「相互依存」という「法則」であると考えています。
その状態では、
無意識のうちに、
自分の痛みは相手の痛み、
相手の喜びは自分の喜びということを
お互いの関係性の中で理解しあえている状態だと思います。

様々な、「関係性」において、
「価値観」「善悪」は、
本質的には存在しません。
それにも、かかわらず、
「関係性」の「解釈」の段階で、
存在させてしまうくせが我々人類には、あります。

そこには、単純に「法則」があるだけです。

その「法則」を見出していこうというのが、
科学の原点だったのでは、ないかと私は考えております。

現在、「科学」
なかでも私の専門である
「医学」が迷宮入りしている感覚は、
現場で「医療」を行っている際に、痛切に感じます。
距離感を変えてみると楽に問題が、
捉えられる可能性があります。

当院からは、勇気を持って、
その「関係性の非常識な距離感」を
少しずつ発信出来ましたら幸いです。
今日も最後まで読んでいただき本当にありがとうございました。