①チベット医学、西洋医学それぞれの定義付け
② 全く異なった文化に触れるということ
③お知らせ

こんにちは、水曜日の午後いかがお過ごしですか?

相武台地方は、大変気持ちのよい晴天となりました!
日差しが少しずつ明るく強くなって、土の鼓動が少しずつ伝わってくるようになりました。

本日午前中は、当院で、

日本でたった1人のチベット医である小川康先生をお迎えして、チベット医学の勉強会を行いました。
もちろん聴講生である私たち相武台脳外科のスタッフは全員、全く触れたことのない世界のお話でした。

今まで、全く考えたこともないような文化に触れて、まだスタッフの感想を聞けていませんが、少なくとも私自身は強烈にインスピレーションを刺激されました。

その中でも、印象に残ったことは、
一口に医学といってもチベット医学と西洋医学では、医学そのものの言葉の定義が全くちがうということでした。

西洋医学は「病気を治す、克服する。」ため、あるいは「病気を予防する」ことが目的の学問だと私は現状で認識しています。一般的にもこの定義であまり、批判されない気がします。

それに対して、チベット医学の定義は、

「さとりを開くために、医学はある。」つまり、「さとりをひらく手段」ということのようです。

これを聞いて愕然としてしまいました。「さとり」という言葉で、及び腰になってしまう方がいるかもしれませんが、 「さとり」という言葉の捉え方がどうであれ、要するに人間として向上するために医学があるといっているのです。

大変に、本質的で根本的な学問との印象をうけました。しかも、病気を予防あるいは治すだけではなく、さらに積極的に、健康の本質へ体を近づけていくということで、西洋医学よりも「攻め」の医学との印象をうけました。

またこのような言葉も言われていました。

「何かを学ぶために体はある。」

この世に生を受けて、そして、何かを学ぶために、体が存在する。

体は、人間としての向上の道具にしかすぎない。
しかも、びっくりしたのが、チベット文化では神様達は人間よりも階級が下と考えられているようです。

なぜか、

チベット文化にとって、

「苦しみがないことが最高の苦しみ。」苦しみ、課題、によって人間は向上するため、

苦しみのない、神様は向上できる人間よりも階級が下のようです。

「苦しみがないことが最高の苦しみ。」

その文化がいいとか悪いとかではなく、このように、全く異文化にふれることで、違った考え方に触れることで、私たちが得られることは非常に多いです。

小川康先生が私たちにぼそっと言われた一言が耳に残りました。

「すごく楽になるでしょ。」

私たちは、いつのまにか、何かを決めつけてしまって生きている部分があるのかもかもしれません。

何かを決めつけないことってこんなに力が抜けて楽なことなんだ、、

本当に楽しい3時間でした。

本日は、小川康先生本当にありがとうございました。

これからも、定期的に開催していく予定です。よろしくお願いいたします。

<お知らせ>

さて、いよいよ、高血圧克服セミナー 40代トップマネージャーを目指す方への血圧管理と題したビデオセミナーを明日公開します。

高血圧は改善しない。薬を飲み始めると一生のみ続けなくてはいけない。

皆さん!決めつけていませんか? 決めつけの制限をはずすことほどわくわくして楽しい作業はありません。是非登録してみてくださいね。

それでは、本日も読んでいただき大変ありがとうございました。