おはようございます。
昨日はやはり連休明けで大変込み合ってしまいました。
ご迷惑をおかけいたしました。
午前中だけで70人、
午後は受付時間2時間だけでしたが、
最終的に116名の方が来院していただけました。
昨日お伝えしました予約制は、
いま全力でシステムを作っておりますので、何卒よろしくお願いいたします。
しかもみなさん当院の理念「自分の健康は自分で責任をとる」
という理念に賛同していただき、大変助かっています。
リハビリ室では皆さん方でそれぞれ、自分で運動していただいているし、
再来の患者さんはしっかり家での血圧測定結果を持ってきていただけるし、
ほんとうに意識が高く、心から感謝です。
そのため、今日はあまり疲労感がありません。
(仕事のあと
相武台から保谷まで移動し そちらでの当直明けです。)
実際のところ、大変効果が出ている方も、ちらほらみられてきています。
ご自分の体に意識を向けることをするだけで、
いろいろな変化が出ているようです。
これから、まだまだ、びっくりするようなものを出していきますので、
よろしくお願いいたします。

さて、自律神経が変調を来す理由です。
人間の体は、ほとんどの器官が自動操縦でうごいています。
自分で考えなくても動いてくれます。
心臓にしろ、消化管にしろ、体中の血管にしろしかりです。
その自動操縦をおこなっているのが自律神経です。
自律神経には、緊張状態(がんばる状態)に作動する神経 交感神経と リラックスするときに作動する神経副交感神経がありそれら二つが、バランスをとりながら体中に司令をだしています。
そのバランスが大切ですが、一生懸命がんばっている人であればあるほど、交感神経ががんばっている時間が長い。そして、体がそのバランスを保つために重要なことは、
がんばっている時間の中でもしっかりと力を抜ける時間があるかどうかです。
「夜帰ってだらっとテレビみている時間があるからいいよ。」「パソコンでメールをしているのが一番リラックスできるんだ。」「仕事終わりに、お酒飲んで発散しているからいいのさ。」という声が、ときどきありますが、そこに一つの盲点があります。
今日は自律神経のお話でした。次回は自律神経を休ませるための盲点をお伝えします。

今日は休診ですが、
職員は ジョイントベンチャーしている。applestore渋谷店にてパソコン研修です。
それでは、よい一日を!

健康獲得方法のご提供にむけて