福島の原発事故時、現場で活動した方々の中で、
自衛隊のみが密かに服用していた薬剤をご存知ですか?

こんばんは、
今年はなにかバタバタして。
お花見にも足を運べておりません。

先日、ロシアで知り合った方から、
上手な日本語で、メールをいただきました。

「桜は、もう満開の頃でしょう?羨ましいです。
桜はテレビでしか見たことがありませんけど
とても儚くて綺麗ですね。」

「儚い」なんて難しい日本語を使って、
切なくなるほど、桜を見たい気持ちを
表現してくれていました。
自分はなんて、宝の持ち腐れだろう。と
もったいない気持ちです。
世界の人のためにも、
日本の美しさ、心して大切にしていきたいです。

さて、私は、
日本では、医師免許をもった医師です。
海外では、医師免許は、もっていません。
医師免許をもっているという意味は、何でしょうか?
医師をやめることを仕事の目標
(当院の目標:医師を必要としない地域を創る)
にしている私としましては、時折考えます。
もちろん、
投薬や、手技を厚労省が認めた
基準以上の安全性で
患者さんに提供するということは、
必要最低限です。
現実としましては、日本の医師免許を持っていますと、
一般の国民の方に比べて、
医療情報が格段に、集まってきやすい立場となっています。
また、それを理解することももちろんできます。
ということは、
適切な医療情報をきちんと発信することも、
医師免許を所持している人間に対して
期待された責務だと感じます。

適切な情報とは、
厚労省のための情報ではありません。
国民一人一人のための情報です。

「私達医師は、
国民の健康を守るために、
医師免許があるのです。」

「今回、医師会からも、学会からも、
放射線障害に関しての
コメントが出されていません。」

これは、
2011年3月11日の原発事故から
一貫して、放射線障害に対してある1つの薬剤
の有効性を国に働きかけてこられた、
一人の心熱い医師、柳澤厚生先生の言葉です。

柳澤先生は、2011年3月から、
厚労省、マスコミに
「a Gft プロジェクト」と銘打って
放射線障害に対する対策の存在を
働きかけ続けていますが、
なぜか、ぴくりとも反応しません。
もちろん理由はあります。

ただ、私達国民にそのような、
理由は関係ありません。
身体に良いものは良い。悪いものは悪い。
その事実があるだけです。

その、「aGif プロジェクト」の
予告編を今日はお届けします。

本編のほうでは、
放射線障害に効果的な薬剤の詳細、及び
日本で情報が流れない理由などを事細かく、
一時間近くのドキュメンタリー映画として
制作されています。

(実は、
このドキュメンタリー映画の総監督が
チャンネルSのプロデューサーでもある
笠井正俊さんです。)

ただ、どうしてもすぐに今すぐ見たいと、望まれる方に、
外人医師のインタビューが日本語訳されていない、映像が
youtubeに流れていますので、リンクでご案内します。

aGift 全編こちら(日本語だけでも十分わかります。)

全編日本語版は、下記でDVDとして販売されています。
下記画像をクリックされてください。
販売ページへ移動します。

医師が奨める 放射線被ばく対策|被ばく対策ネット

最後に、

柳澤厚生先生の、非常に重い覚悟の一言
をお伝えします。

「正しい情報を国民に伝えていく。」

今回も、最後まで読んでいただき本当にありがとうございました。


当院院長加藤貴弘へのインタビュー

覚悟の瞬間(とき)
経済界、スポーツ界、文学界などの様々な分野で活躍する専門家の
「覚悟の瞬間」を切り取り、配信している動画サイト