皆さん、突然ですが

元極医学という言葉を耳にしたことがあるでしょうか?

ほとんどの方はないと思います。
本場中国で 金、元の時代から皇室内部だけの健康法として発達してきた医学です。1980年代に中国では民間にその内容の一部が解放され1997年に正式に国が認める医学として認定を受けました。
その時点で中国では 西洋医学、中医学(漢方)、元極医学 の三つが、国家の認める医学として行なわれておりました。
しかし国民に爆発的な人気となりかかり1998年代から法輪功事件が始まるとともに、脅威に思った国家が元極医学まで禁止しだしたのです。
そのため現在では細々と引き継がれているのですが、その内容は、優れた健康法だと私自身感じています。
現在では、少しずつその取り締まりも緩んできており、中国でも元極医学の健康法を行なう方は少なからずいます。

日本では数カ所で習うことができますが、結構表面的な理解だけで教えたりまたは間違って伝えているところもあり正しく本物を教えてくれるところはほとんどありません。

そのような状況で、昔から日本と中国の文化的な研究をつづけ、
日中文化の架け橋的なお仕事をされながら
下記のようなプロフィールで、元極医学をこつこつと 教えてこられた米強先生という先生がいらっしゃいます。大変な経歴の方でありながら本当に謙虚で、お会いした瞬間に信頼できると確信してしまうような先生です。一緒にいて本当に居心地のよい温かい方です。
1958年 中国北京生まれ
1983年 北京国際関係学院 卒業
1984年 日本青年会議所訪中時、胡錦涛青年団総書記(当時)の通訳をつとめる
1988年 中国元極研究会会長 張志祥先生に出会う
1990年 北京アジア大会時、選手村で連絡官を担当
1991年 以降、蓮花山の伝授クラスで日本人クラスの同時通訳を担当
1996年 京都大学総合人間学部 外国人学者として招聘・来日
1996年 京都大学に在籍中、張志祥先生の来日時の随行通訳
1997年 北京国際関係学院 助教授
1998年 北京日本学研究センター 客員研究員
1999年 「元極神韻」を翻訳(中国中央テレビ製作)
1999年 「元極学論文選集」共訳(万国学術出版社)
2000年 「元極健康クラブ」設立

現在は 静岡の沼津にお住まいで、そちらで講義、治療などをおこなっています。
東京や千葉からわざわざ治療に行かれる方もいて
前々から、東京近辺にないかなと強い要望があったようです。
それが、

このたび なんと、、

相武台脳神経外科の二階の多目的スペースで 月2~3回 木曜日に指導にきていただけるようです!

詳細はまた発表いたしますが、なにせスペースが狭いため数名限定の少数先鋭のコースとなります。
元極医学を教えることができるあるいは治療することができる治療者養成コースです。

しかし 基本的に当院のmissionnは 医師を必要としない地域づくり。
つまり自分自身が自分自身の治療者になるということなので
治療者養成コースだから私は対象外という訳ではないです。
結局 健康を本気で目指すのであれば 結果的に治療者になってしまう訳で、要するに
対象者は元極を勉強して本気で健康になりたい方にしぼらせていただきます。

開始は10月予定です。

今日はそのようなニュースがあり長々となってしまいました。
最後まで読んでいただき大変ありがとうございました。

ちなみに元極医学の静岡県三島市の教室のホームページです。
参考にしてください。

http://www.genkyoku.com/beginner/index.html