こんにちは、いよいよ今回はChannelSお二人目の方に出演して頂きます。

お二人目は、日本が誇るスーパークライマー小西浩文さんです。
デスゾーンと呼ばれる高度8000m以上のさらに強風が吹き荒れる環境で、
酸素ボンベを持たずにヒマラヤの山々と対峙されてこられました。

その極限状態で、小西さんは何を感じ、何を日本の皆さんに伝えていきたいのか?

今回の内容は、
迫力満点でハラハラ・ドキドキする衝撃的な内容であると同時に、
希望の方向性を指し示していただける非常に濃い内容となっております。

ぜひ楽しまれていただけますと幸いです。

今回のお話で理解いただけることの一部

  • 無酸素登山とは、どのような登山を指すか?
  • デスゾーンで生きていける生物とは?
  • 地球上の生き物で最も必要な能力とは?
  • 無酸素登山にこだわる理由。
  • stage4甲状腺がん加療中に小西さんは8000m無酸素登山を何回成功したか?
  • 甲状腺がんを発症した小西さんが考える発症の原因とは?
  • 登山においてパートナーとロープを結ぶ本当の意味とは?

今回のワークです。ぜひ、今回の感想とともにブログコメント欄にかきこんでみましょう!
ワークを実際にされることで、この映像から大変多くのことをご自分に落とし込めると考えます。
ぜひ、よろしくお願いいたします。

小西浩文さんが、15歳の時にたてた夢に対してその後、全く心が、ぶれることがなかった理由はなぜでしょうか?