こんにちは、 相武台脳神経外科 加藤貴弘です。
今回の「channel S  体の声を聴き続ける。」は、
前回に引き続き、太極拳世界大会メダリスト さかもとはるゆきさんにお話をお伺いしております。
さかもとはるゆきさんのお話は今回でいよいよ最終回となります。

今回も大変興味深いお話を伺うことができました。
是非みなさん、参考にしていただき、感想やコメントなどを 
コメント欄へ書いていただけますと幸いです。
今回のプログラムでご理解いただけます内容は下記になります。

  • 身体の感覚で、感じていること、口でいっていること、実際にしていることかなり食い違っている場合が多い。
  • 現在、身体に意識を向けられている方がほとんどいないため、ちょっとでも身体に意識を向けるようになると、ご自身の健康状態がよい方向へ激変することが多い。
  • 現在の健康状態を向上させるために、仕事のパフォーマンスを落とさず、遊びの時間も削らず、家族との時間も削らずにできる行動はなにか?
  • 睡眠を改善させるためにまずできることはなにか?
  • 寝具の選び方とは?枕の選び方とは?
  • 身体からのシグナルの捉え方とは?

是非プログラムを楽しんで頂けますと幸いです。
本日もワークセッションをお届けいたします。
少しでも能動的な行動をされることで、ご自身の得ることができる情報量が格段にあがります。
積極的に下記ワークをしていただきコメント欄へ書き込んでいただけますと幸いです。

本日のワーク:あなたの睡眠状態が今よりもよくなったと仮定したら、どのような変化が起きることが予想されますか?