おはようございます。
少し曇り模様の相武台近辺です。

私はなぜか、小さな頃から 思い込みがあることがありました。
そして自分自身で思い込みという物を大変きらっています。

シンプルにいうとそこが私の出発点かもしれません。

私は今日から35歳になりました。

本当にまだまだですが、ことしから、従業員を持つ身と突然なりました。
昨日、従業員の方たちに伝えた言葉が、
自分の原点だと感じましたのでブログでもシェアしたいと思います。

以下引用

うちのクリニックでは、あらゆる言葉、常識を必ず一つずつ
「どうあるべきなのか」
「どのような状態が一番自然か、無理がないか」
を質問していきたいです。つまり
言葉の再定義です。すべてのことはこれまでの慣習だから、
という言葉は通用しません。
まず、医者という職業を再定義している。クリニックの存在を再定義している。
今までの常識、慣習はもちろんすぐにかえることはできませんが、
毎日毎日 自分自身、そのものごとに問いかけることによって、
日々しらずしらず、うけている洗脳から解き放たれることができる。
人間は、自分の感覚でしか感じることができないので、やはり、
本質、本物、あるときは神といわれる物かもしれませんが
そういう物に対して固定観念をもつことなく
絶えず謙虚であるべきではないでしょうか?
そのような、質問をするという勇気を持つことが、
人間が生きている意味だと思います。
天国に行くために生きているのではありません。
今現在の時間を生きることに、真剣になり
ジョブズのように命への執着すらはずすことができればその時間が永遠となり、
まさに天国になる。

ジェームススキナーさんも「時間は変容する。」という言葉を述べています。
永遠という時間は今現在にあります。
今日から新たな気持ちで精進します!