おはようございます。
3月にはいっても寒い日が続きますが、
少しずつ、春の足音が近づいているのを実感します。
春は不安定で、そわそわしますが、
その分可能性の宝庫です。
当院も様々な可能性にチャレンジしていきたいです。

私は、
約20年前に医学部に入ろうと、
東京市ヶ谷の駿台予備校で勉強していた時期があります。
その時に、今では、
統合医療の分野で重鎮でいらっしゃる
帯津良一先生のご講演がありました。
実は、
そのご講演の中の
一言が、今の私を、方向付けています。
それは、
「現在、西洋医学は行き詰まりを見せています。
あなた達がもし医者になるのであれば、
西洋医学と東洋医学を結びつけるような仕事をしてください。」

あれから、20年、
欧米では、確実に、
西洋医学では足らない部分を
統合医療、
補完医療、健康増進医学として分野が発展しつつあります。
しかし、日本では、、
ほとんど、20年前と変化していない状態です。
なぜ、変化(成長)できていないか?
私は、原因が2点あると考えます。
1つは、医療費が安く、病気になることへの危機意識が持ちにくい。
もう1つは、価値観、特に体との関係性の価値観を確立できていない。

私は、後者の部分は非常に大きいと考えます。
健康とはなにか?
病気とはなにか?
あまり冷静に捉える風潮にはなく、
全てお医者様にお任せ状態となっています。
それでいて、
お医者様が、一般的なお医者様と違うことを言うと、
奇人変人のように扱ってしまう。
厚生労働省が定めた医療が善で他は悪。
そのような極端な風潮が蔓延していることは否めません。
実際は、医療はどの医療も、
「善悪」ではないのです。
医療そのものは、価値観ではありません。
医療は、「手段」です。
その手段を利用するためには、
ぶれない価値観が、
医師側も、患者さん側も必要なのです。
その価値観とは、体との関係性の価値観であります。
つまり、
健康とはなにか?
死とはなにか?
幸せとはなにか?
病気とはなにか?
その、きちんとした価値観、哲学が背景にあって、
健康を獲得したい、
病気を克服したい、
病気に感謝したい、
死ぬことを受け入れたい、
まだ死にたくない
などという「目的」が生まれ
必要であれば、
それぞれに対しての「手段」としての
「医療」が生まれるのです。

先日、
経営コンサルタントの遠藤晃さんにお会いした時に、
興味深いお話をいただきました。
それは、
「目的が、
人とコミュニケーション取りたいということで同じでも、
民主主義者(価値観)は、電話(手段)を発明し
共産主義者(価値観)は、拡声器(手段)を発明した。」
という、
価値観、目的、手段、の具体的な関係性のお話でした。

結局、
哲学(価値観)が、例えば、光、 
目的が物体、であれば、
手段は、影でしかない。

いま、日本の医療に関して、
医療費の問題、医師不足の問題、倫理の問題、延命の問題、
医療ミスの問題、脳死の問題、
など、多くの問題が話題となっておりますが、
手段である、「影」に、
エネルギーをいくら費やしても
無駄骨でしょう。
影は、消そうとしても消えません。

私たち一人一人、
そして日本人全体の、
価値観を見直す、見つめなおす、
ことが必要ではないでしょうか?

その1つの提案ができれば、
と当院で日々全力で診療させていただいております。

昨日は、
その、日本でほとんど芽生えてこない、
健康増進医学の分野、補完医療の分野で
パイオニア的存在として、
いわば孤軍奮闘しておられる
水上治先生を、当院へお招きして
チャンネルS番外編市民公開講座の収録を行いました。

お会いして、改めて実感しましたが、
清々しく器の本当に大きな方でした。
水上先生は、
確固たる西洋医学の知識の上に、
補完医療の引き出しをたくさん持っておられる。
全ての行動が、患者さんのために、
ということから全くぶれない先生という印象を受けました。

世界的な非常に偉い先生なのに、
緊張していた私に話しやすいような空気にしていただきました。
絶えず、上から目線ではなく、
患者さん目線でいる。とはこのようなことかと、
陰ながら感動してしまいました。

今のところ、4月以降のチャンネルS番外編で公開予定です。
是非、お楽しみにされてください!

本日もお付き合いいただき、ありがとうございました。
写真201439