五条川の桜並木医師が開業するとき、多いケースは、
勤務医として、実績を積んで、
一線を退くものの今までの
自分の患者さんの経過をみるために開業する場合。

または、親族が、病院を経営しており、
その、病院を引き継ぐための場合。

などがありますが、私は、どちらでもありません。
ただ、想い、理念が 先行し、
その理念を、実践するために開業しました。

そのため、実績も、人脈もほとんどありません。
ただ、私は、そのことをマイナスには考えておりません。

理念:「体の声を聴き続けるそうすれば健康への道が拓ける。」

西洋医学の医師で、
そのメッセージを前面に出して、
患者さんと向き合ってきた医師は、
私の知る限り、歴史上いません。

いままで、歴史上なかったことを、
「やり続けよう。」と決断したのです。

その決断のなかで、
一番、障害になる事があります。

それは、今までの常識、しがらみです。
「そんなの、できるわけない。」
「非常識だ。」「治療になっていない。」
いままでの、常識 つまり枠組みのなかへ、
引き戻そうとする、地球の引力よりも強い、
「力」です。
その引力を、増大させるのが、
自分の「実績」、「人脈」です。

いま、その「地球の引力」から
脱出しようしている私にとって、
自分の実績、人脈がないことは、
一つの可能性でした。

開業して4年、ひたすら、
理念に沿うことを厳しく意識し、
少しずつクリニックの軌道ができつつあります。

道なき道をすすむため、試行錯誤の連続です。

その、ほとんどは、「違う!違う!違う!」です。
理念にあっていない、自分を、
厳しく削ぎ落すことに、日々妥協しません。
自分にとって、削ぎ落とす作業は辛い作業ではなく、
実は、未来に向かってワクワクする作業なのです。
なぜなら、
私は、その先に、人間の無限の可能性を感じているからです。

ただ、しかし、問題は、
感覚ではお伝えする事ができても、
言葉で、ストーリーとして具体的にまだ、
私に、関わっていただける方へ
指し示してあげられない部分があります。

未来が見えない中で、
毎日「違う!違う!」とスタッフに対して言わなくては、
いけない場面もあります。
そんな状況でも、
いままで、ついてきてくれているスタッフには、
非常な感謝の念に堪えません。

そのようなスタッフが、この異動の時期、
当院を離れなければいけなくなった時、
実際には、喪失感はとても大きいものがあります。

私自身、感情、心という物には、
階層があると考えるのですが、
思い入れの強いスタッフにかぎって、
別れの段になって、
表面上は腹立たしい気持ちになったり、
ネガティブな感情が出たりしますが、
冷静に考えると、信頼の裏返しかもしれません。

信頼とともに、
実は、
執着してしまっていることも確かです。

しかし、自分が執着している物や、人ほど、
きちんと分かれる事ができれば、 
それは、自分の一番の成長になるし、
文頭に話した、「一段階、引力から脱出」できた。
ことになるのだと思います。

今回、転勤される看護師さんはまだ、若いので、
当院の向かっている、方向の 本当の「意味」というのは、
もちろん分からないでしょう。

ただ、
50年後でも、ふと当院のことを思い出したとき、
私から、彼女に、話していた内容が、結びつき、
大きな、「気づき」をもたらす事ができたとき、
この当院での2年4ヶ月は宝物となると思います。

その時に、また、声をかけていただけたら、
それ以上のよろこびはありません。

11060458_10203734814755620_8054844298999887053_n

 

 下記お勧めリンク