こんにちは、

本日は、大変涼しい 体育の日です。空は快晴で、秋を体中で満喫できた休日でした。

さて、少し専門外ですが、アトピー性皮膚炎の改善速度に関しまして一言お話させてください。。

私は、私の周りのアトピー性皮膚炎の方の改善速度に全く納得できないのです。

アトピー性皮膚炎を治そうと考えた場合、二つの側面から、アプローチが必要と考えます。

①体全体的な健康バランスを整えていく側面  → 通常 投薬などで医師が行っています。その前提として生活習慣、環境を整えることがものすごく重要です。

②皮膚の傷を治すという側面 → 通常 患者さん個々にまかされているケースがおおい。

以上のような、二本柱で考えていくことはどうしても必要ですが、今回は、②にしぼらせてください。
(①に関しても、気になることは多いですが、、、)

まず、前提としまして、傷に関しての西洋医学の捉え方は意外に、すすんでいないということを、しっかりと受け入れるべきです。これは、大げさに言っている話では全くなく、事実数年前まで、傷の創面に消毒液を塗るというのは、医師の間で常識でした。むしろ消毒液を塗らない医者の方が、野蛮人かのごとくに扱われていた時代がありました。

しかし、ここ数年夏井睦先生などのご努力のおかげで、その常識がだいぶ変わってきました。現在は、傷の創面に消毒面を塗るようなことは、治療を促すどころか、逆に傷害しているという考え方が大勢を占めています。5年前と医師の口から出る言葉が 180度変わっています。

難しい、遺伝子や腫瘍などの研究はどんどん進んで細かく専門化されていきますが、意外に身近で患者さんが実際に困っている話題は医者の関心がほとんどいっておらず、間違った常識が蔓延している現状があります。患者さんに身近な話であればあるほど、看護師さんの方が熱心に勉強されています。ほとんどの医者にとって傷はあまり関心がありません。なぜなら、何をしてもなおるから、消毒液で毎日傷つけても、実際時間をかければ、患者さんが痛みをがまんすれば、なおってしまうから、、汚いながらも、、

しかし、アトピー性皮膚炎は、毎日毎日かゆい、掻きたくなくても寝ている時などに無意識に掻いてしまい、知らないうちに物理的に毎日皮膚を傷つけている。そして結局なおっていかない。

まず、今回の治療の提言のキーワードは「利用」です。創面からは傷口を治そうと、治すための浸出液が出てきます。それを乾かしたり拭き取ったりせず、創面の上である一定の湿度をもって閉鎖することが基本です。その浸出液こそ、傷を治す成分で満たされているのです。

そこで、利用①浸出液を利用する。 ②かゆみを利用する。

この二つを利用できる者として 難しい薬品などではなく、単純にワセリン、が利用できます。

かゆいときに、掻くのではなくワセリンをひたすら手のひらで塗込む。そのことで 創面に浸出液が閉鎖される。ワセリンが創面の保護にもなる。(ワセリンは安く どこでも手に入ります。こちら

またかゆければかゆいほどワセリンを塗るモチベーションになる。
ワセリンが塗られていると、夜無意識に引っ掻いても皮膚の保護になります。

ワセリンは安価で身近すぎるのであまり、使わないかもしれませんが、意外に効果があると考えます。たまたま、スタッフでアトピー性皮膚炎に困っていた者がいましたので、左肘のみこの方法を試してみました。写真の取り方が下手で大変申し訳ございませんが、もともと左肘の方が皮膚炎の状況が悪かったのですが、この治療法を一ヶ月行ってもらい写真をとってもらったものが下記になります。
治療前の写真がなくてすみません、、

一ヶ月以上、この「実験」を医師として続けたかったのですが、このスタッフから衝撃的な言葉をいただきました。

「右肘も同じ方法でしてよいですか?」

!!! あれだけ、ワセリンなんてと馬鹿にしたような感じだったのに、、、でも効果を認めてくれたことですよね。

意外に創傷の面だけを気にするだけでもかなりよくなります。

そのことがあまり、世の中に知られていないと考えるだけで、本当に身近なところに、健康への可能性がごろごろあるということに気づかされ、これからのやりがいを感じます!

今日も最後まで読んでいただきまして大変ありがとうございました。