お早うございます
お久しぶりです。

まだまだ仕事のペースをつかみきれていない35歳です。

ところでやっとホームページを
すこし形にしてみました。
再診予約フォームもつくりましたので、ご活用ください。
なおこのフォームを使用して来院した場合は、受付にひとこといっていただけますと助かります。

http://soubudairelief.com/

さて、
「体と向き合うこと」のお話です。このお話の流れは
①当院にかかる患者さんの症状の原因のほとんどは、「自律神経の異常」
②「自律神経の異常」は医者は治すことができない。
③ではどのようにするのか。
④その方法の陰に隠れているのが、「人の体は、なおる方向に流れている」という法則
⑤治癒の方向へ、絶えず流れている、その流れを感じる方法とは、
⑥気軽にできる方法とは

でさせていただいております。今日は②③のあたりのお話です。

自律神経の不調からくる症状は多種多様です。
頭痛、めまい、不眠、神経症、うつ、肩こり、頸こり、多汗症、パニック障害、、

それらに対し
医師ができることに限定するとすると、
もっともわかりやすい物は、それぞれの対処療法としての、薬の処方です。
頭痛なら、頭痛薬。 めまいならめまい止め。 不眠なら睡眠薬。など

これらの症状の原因は何だったでしょうか?

自律神経の異常、変調です。

ここでもう一度確認です。

「自律神経の変調は医師が治すことはできない。」

もし、頭痛薬をのんで頭痛がなおったと喜んでいる方、
めまい止めをのんでめまいがおさまったと喜んでいる方
睡眠薬を飲んで不眠症がおちついていると喜んでいる方

今現在の現実はそのような目先の利益に飛びつく方に、
とことんつらい現実が押し寄せる状態となっています。

その現実、100年前と違う現実、として私が考えることは二つあります。

現実1
医学の進歩により、寿命がのびた。医学の進歩は寿命のみをのばした。

むかしは、ほとんどの場合、自律神経の変調など感じる前に、一生を終えていました。
しかし現在は寿命がながいです。
一度脳梗塞になったあとも、癌と宣告されたあとも、大けがをした後もだいぶ命を享受することが可能となりました。
そのため、どんなに健康でも60年70年生きれば、自律神経は若い頃の様にはいきません。
そのためほとんどの人が、年をとると自律神経の不調で症状がでて、それに対する薬を服用している。
しかし、
それでなおったと思ってしまっているから、原因である自律神経の不調は 無視されさらに悪化。
次第に 薬が効かなくなる。あるいは、別の症状としてでてくる。
例えば、頭痛で苦しんでいた人が、うつ病になったり、めまいを自覚するようになったり、
不眠症になったりと、、、
そしてまた、病院へいき、それぞれの薬を処方される。
また薬がふえる。
原因は、また無視されているためさらに症状悪化。また薬が増える。
この悪循環に陥るストーリーは、本当に今の現代で、
ありふれたストーリーではないでしょうか?

話を整理すると、何をすれば問題解決するか、一目瞭然です。
ただ 日常の慣習に埋もれてしまっているため、目の前の幸せがつかめない、、

なんとも
もどかしい、、

また、次回は二つ目の現実を書きます。