おはようございます。
土曜日ですね。3連休のかたはすごくうらやましいです!
当院は、今週の最後です。
今月で4ヶ月目に入りますが、昨日は、なんと118人の患者さんが来ていただけました。
大変ありがとうございます。
いま、本当に待ち時間に関しましてかなりご迷惑をおかけいたしておりますが、
舞台裏では確実に改善しております。
先月 117人来た時とは、まずスタッフの疲労度がかなり違います。
それはシステムの改善を意味します。
先月とは
まず 電子カルテの効率がよくなってきた。スタッフの数が安定してきた。
待合室で患者さんの要望を判断する(トリアージ)作業ができつつある。
この3つがあげられるとおもいます。一歩ずつ前進しております。毎日変化、進化しております。
今後、の改善点としまいして
上の三つをさらにレベルをあげていくということと、当院の理念、伝えたいメッセージをなるべく診察室以外の場所でもご提供できるような形にしていきたいです。
今後ともよろしくお願いいたします。
さて、「体と向き合うこと」のお話です。
①当院にかかる患者さんの症状の原因のほとんどは、「自律神経の異常」
②「自律神経の異常」は医者は治すことができない。
③ではどのようにするのか。
④その方法の陰に隠れているのが、「人の体は、なおる方向に流れている」という法則
⑤治癒の方向へ、絶えず流れている、その流れを感じる方法とは、
⑥気軽にできる方法とは

こんな流れでお話できたらと思います。
下は二年前働いていた青森の夏です。奥入瀬渓流です。

健康獲得方法のご提供にむけて