おはようございます。今日は大変よい天気の朝です。
青森でいた頃は確かもう朝はもう寒かったようなきがします。
こんなに居心地のよい、春と秋が長いと少し人間なまっちゃいますかね。

昨日も連休明けで混雑してしまいましたもうしわけございませんでした。
結局最終的に 来院患者さんがついに120人/日となりました。
でも確実に、当院の対応能力は日々進化していると実感しています。
もし気になることがありましたら、気兼ねなくいっていただけますと幸いです。

先日コンセントの延長コードの接続部を患者さんからいただきました。
前の接続のものは廊下に少しでていて転びやすかったようです。
それを、温かく指摘していただいたうえに、接続のコードまで持ってきていただけるなんて
本当に感謝しています。

当院は当院の理念に賛同していただける患者さんに支えられて運営しています。
ただそれだけです。これからもがんばります。

さて、
「体と向き合うこと」のお話です。
①当院にかかる患者さんの症状の原因のほとんどは、「自律神経の異常」
②「自律神経の異常」は医者は治すことができない。
③ではどのようにするのか。
④その方法の陰に隠れているのが、「人の体は、なおる方向に流れている」という法則
⑤治癒の方向へ、絶えず流れている、その流れを感じる方法とは、
⑥気軽にできる方法とは

前々回は 自律神経を整えるために、「力を抜く」というお話をしましたが、
「毎日仕事終わりにテレビを見てリラックスしているから」
「仕事終わりにお酒をのんでいるから」
「休日はごろごろしているから」

これは実は、副交感神経を鍛えている状況にはなっていません。
まず、テレビを見ている時は微妙に体が受け身になって緊張しています。
お酒を飲んでいる時は、だれかの愚痴になっている時もあるかもしません。そのようなマイナスの感情は心の緊張をうみます。
単にだらだらしているだけでは、固まった身と心はカチカチのままです。溶けてはいません。
肉体は休まりますが、

自律神経を鍛える、副交感神経を鍛える。
ことは 「力を抜く」という言葉の前に一つの重要なキーワードが入ります。

それが、
お話の流れの中の
②「自律神経の異常は医者が治すことができない。」という最大の要因となります。

明日は そのキーワードと 医者が自律神経を治す「ふり」をしてお金をもらっていることで
どのようなことが起きているのか、現実を書いてみたいと思います。

それでは、よい一日を。