┏ご挨拶:
┣当院からのお知らせ: 
①食育アドバイザー大塚貢先生インタビュー 第5回
②ナチュラル・ハーモニー代表 河名秀郎さんインタビュー 第1回
③北里大学脳神経外科主任教授 隈部俊宏先生 
特別講演第1回「脳腫瘍の治療」
┣ Kanako’s eye:連動ブログ:2014/11/10
┗スタッフからの最近のコネタ:食について
編集後記:「リトリート」
イルミネーションの中微笑むシニアカップル
■□ご挨拶━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥

こんにちは!
相武台脳神経外科です。
師走に入ってしまいました。
落ち着かない季節では、ありますが、
当院では、
淡々と情報発信を継続させていただきます。
それでは、本日は、
相武台脳神経外科メールマガジン第21号
をお送りいたします。

■□当院からのお知らせ━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

お知らせ 1

かつて、
長野県の非行で荒れに荒れた
中学校を力強い信念のもと、
ほぼ非行ゼロの状態にまで
改革された実績を持つ方がおられます。
実は、
その方の手法が、少しずつ注目され、
今年の6月に国会でも演説されました。
その方の名は、
大塚貢先生といいます。
なんと、その大塚先生が、
わざわざ当院まで足を運んでいただき、
お話をしていただきました。
その模様の第5回目を、
チャンネルSより
12月13日(土)に配信いたします。

大塚貢先生インタビュー
第1回はこちらより。
「日本の現状」
第2回はこちらより。
「人間は生物である。」
第3回はこちらより。
「命を実感した子供達の劇的な変化。」
第4回はこちらより。
「給食を変えたことで、生徒にみられた劇的な変化。」

お知らせ 2

私達は、健康への道において、
食を非常に重要視しております。
農業において、
もっとも生命エネルギーの
強い作物を生産するには、
どの様にしたらよいか?
30年近く前からそのことのみを
追求してきた会社があります。
株式会社ナチュラルハーモニーです。
その会社の行き着いた究極の農業の基本。
「無農薬、無肥料。」
その詳細を代表の河名秀郎さんに伺いました。
本来生物はどのようにあるべきか?
実は、私達日本人の思考で盲点になりやすい、
「あり方」に関して、
非常に示唆に富んだお話をいただきました。
チャンネルSから配信させていただきます。

お知らせ 3

北里大学脳神経外科主任教授隈部俊宏先生に
当院まで来院いただき、
「脳腫瘍の治療」に関して、
ご講演いただきました。
今後、チャンネルS市民公開講座より、配信予定です。

■□Kanako’s eye━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

最近、友人の結婚式に出席してきました。

とても素敵な式で、

友人の幸せそうな姿を見られて

大満足だったのですが、

祝辞の際のある一言が私にとっては

今でも心に残っており、

それについて少し考えてみました。

その方は結婚して約20年、

互いに仕事を続けながらある会社を立ち上げ、

多くの困難を乗り越え、

現在では大きな成功を収めています。

多くの困難というのは家庭でも同じで、

相手とのトラブルも何度もあったそうです。

「元々他人だった二人が

一つの家庭を築くわけですから、

自分と合わない部分があったり

生活スタイルが異なるのは当然です。」

とその方は言います。

はじめのうちは相手の気に入らない部分が

許せなかったり、イライラしたり、

衝突したりしていました。

しかし、それを重ねていくうちに

気付いたのです。

起こってしまった過去のことを

変えることは出来ないと。

また、相手を変えるということも

非常に難しいことだと。

そして、二人の間に起こった出来事を

「問題」として解釈し、

腹を立てているのは自分自身だと。

つまり、物事をどう捉え、

どう行動していくかは自分次第。

「変えられることが出来るのは

『自分』の『未来』だけ。」

その考えに至ってからは、

相手のせいにするのをやめ、

相手を尊敬して一緒にいられている

と話されていました。

何か嫌なことがあった時などは、

それらにムッとして文句を言い、

責任転嫁をするのではなく、

自分の未来をより良く変えるには

どうしたらよいかという本質に

目を向けることが、

自身の成長のカギなんじゃないかなぁと

思うようになってきました。

連動ブログ:2014/11/10

 <看護師 工藤 香菜子>

 

■□スタッフからの最近のコネタ━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

早いもので、 今年も最後の月となりました。

寒さも一段と厳しくなってまいりましたが、
皆様、体調は如何でしょうか?

今回は、寒さに負けない身体を温める
「食」について述べていきます。
 

寒い地方や、この時期に採れる旬の食べ物は、
身体を温める作用がある食材が多く、
調理方法としても加熱調理で召し上がった方が、
美味しい食材が多いです。

例えば、
生姜・サツマイモ・ニンジン・ゴボウ等があります。

特に生姜などは、
寒さ対策として実感される方も多いのではないでしょうか。

科学的な根拠として、まだまだ未解明な部分も多いですが、
経験則に基づく東洋医学では、「陽性の食材」といい、
身体を温める食材と言われております。

また、当たり前のことですが、
何でもバランスよく食べることが大事です。
その上で、
これらの旬の食材や調理方法を
うまく組み合わせることがとても効果的です。

年末にかけて、様々な行事が盛り沢山ですので、
風邪などには十分気を付けましょう。

<鍼灸師 江澤和寿>

 下記お勧めリンク

編集後記;

もうすぐ、当院開業して4回目の正月を迎えます。
可能でしたら、4年前の当院のブログと
現在の当院のブログを比較して読んでいただきたいです。
小手先の「やり方」は変化しているものの、
当院としての「あり方」は、全くぶれていないことに、
気がついていただけるかもしれません。
いま、私達が健康を考える上で、最も必要なことは、
「あり方」を意識することだと思います。
日常生活に追われていると、どうしても、
「あり方」の存在すら忘れ、
「やり方」の奴隷と甘んじてしまいがちです。
来年は、私達相武台脳神経外科がなぜぶれないのか?
それを、自分たちで見直しつつ、
「あり方」への「やり方」を
提言してきたいと考えております。
そのキーワードはズバリ
「リトリート」です。
今月も最後までお付き合い頂きありがとうございました。
今年の締めの月、元気に乗り切って行きましょう!