こんばんは、
今日は大変涼しい一日でした。少しあめも降ってきています。

人の心の中には、マイナスの要素と プラスの要素が混在しています。
心とはなかなか 複雑怪奇な 代物です。
しかし、こと、対象物が現れると、そこは、
「やるか、やられるか」
二つに一つです。

ここ一年、新しいことの連続だった私は絶えず、ぎりぎり勝負の一年でした。
そこで、当院 バランストレーニングのコーチ 山口創太コーチから 絶えず呪文のようにいわれていた言葉があります。

「できる、できないではない。やるんだ!!」

とにかく、やるときめたら、腹をくくるだけです。
そのことで、心の状態は プラスになります。
勝敗の計算ばかりしていると、まず頭によぎるのは、
「無数のできない言い訳。」
山口コーチいわく
「言い訳を考えている時点で、負けているんだ!
言い訳を考える前にどうやったらできるか、戦略を何通りも考えろ!」

腹をくくっていないと、心にすきが生まれます。
心にすきが生まれた時点で、付け入ってくる様々ないやらしい、出来事が生まれます。
言い訳を考えている時点で 心はマイナスとなります。
覚悟を決める。腹を決めた時点で、心はすべて一点の曇りもないプラスとなります。

生きるということは、次の瞬間の選択は 生きるか、死ぬか しかありません。
生きる選択をしている以上、次の瞬間を「生きる」 覚悟をするしか、選択肢はありません。

次の瞬間、場合によっては
生きる上で無数のいい訳が聞こえてきそうです。
「脳梗塞の後遺症があるし、、」「両親の介護で大変、、」「子供がうるさくて、自分の時間がもてない、、」「うまれつき、手足が動かないし、、」「耳が聞こえなくなった、、」「息苦しい、」「年をとりすぎているし、、」

人は次の瞬間を生きるということでは、皆平等です。
次の瞬間を、生きるために必要なこと、それは、覚悟を決める。ただそれだけです。

「ハンディキャップがあるとおもった時点で、お前は負けているんだ。
マイナスの世界に足を入れているんだ。」
山口コーチは言います。
「右手がうごかなければ、左手が動くことに感謝しろ!」
「目が見えなければ、耳が聞こえることに、自分は幸運だと思え!」

病気を発症して、自分はハンディのある人間だと落ち込む。マイナスの心で満たされる。
そこで、一番つらいのは自分自身ではありません。自分にいつも接してくれている家族の心にはそのマイナスの心は本当に負担となり、負の連鎖となります。

この負の連鎖は絶対に止めたいです。
自分が患者側であっても家族側であっても、絶対的なプラスにつつまれていたら、その連鎖を跳ね返されるはずです。

まず、自分自身。
生きる覚悟をする。
絶対的は光となる。
患者さんに少しでもよい影響を与えることができたら、、
私のクリニックの理想型です。

 

ところで当院では、第2、4木曜日にバランス教室を行っております。

バランスボードの前では人は平等です。
山口コーチは、なでしこジャパンの選手やフィギャスケートの選手、Jリーガーなどのトップアスリートをコーチする一方で、生まれつき、障害があると言われる小学生達にも同様の熱意をもって個別指導されております。

山口コーチより、
「障害があることを言い訳にするな。」

今日は最後に、伝説のプロサーファーの実話をご紹介いたします。