こんばんは、

相武台地方は、夕方から久しぶりに青空が顔を出してくれました。

しずかな夕暮れ時を過ごすことができる幸せをかみしめております。

私達、相武台脳神経外科は現在

一つのメッセージ、

「体の声を聴き続けるそうすれば健康への道は拓ける。」
というメッセージを皆様にお伝えする

という理念のもと、
その手段として様々なプロジェクトを同時進行させております。

1現状認識(診断)2体験(治療)3継続(ChannelS、メールマガジン)

この3部門それぞれにおきまして、
秋口までには、新たな展開を皆様にお届けできますよう
着実にそれぞれのプロジェクトを進めております。

随時進行状況を、メルマガブログなどでご報告させてください。

 

さて、私達は、毎朝朝礼で、当院の方向性を確認してから仕事を始めております。

その中で、職員からの一分間スピーチを行う曜日があります。
学んだことをoutputしシェアする実践のための機会を設けております。

先週あるスタッフから、

「なにか新しいことにチャレンジしようとする前に、
自分の中で不要なことを捨てるという行動が、新しいチャレンジへの障壁を少なくする。」

という話がありました。

私は、その話を聞いていて、
すごく貴重な内容だと感嘆しつつ、
現実にはなかなか難しい行動かもしれないと
自分自身を振り返っておりました。

そこへ、たまたまいつもお世話になっております
小谷川拳次さんからのメールマガジンの中に、
J・K・ローリングさん(ハリーポッターシリーズの著者)の
ハーバード大学卒業講演が紹介されており、

そのスピーチの言葉に非常な衝撃を受けました。

余談ですが、
小谷川さんからいただくメルマガは、
なぜか私にとってタイミングがいつもよくて、
非常に感謝しております。

そのスピーチの前半で、
「失敗がもたらす恩恵」に関して説明されておりました。

私の失敗観は、
「失敗は成功のもと」のように
「失敗は、成功できなかったという一つの成功」
チャレンジの結果と捉えるだけのものでありました。

J・K・ローリングさんからでた言葉は、私には、革命的な言葉でした。

 

Simply because failure meant a stripping away of the inessential.
I stopped pretending to myself that I was anything other than what I was,
and began to direct all my energy into finishing the only work that mattered to me.

 

「失敗が不必要なものをそぎ落とす。」

失敗して、そして身ぐるみ剥がされ絶望に立たされたとき、
自分がしがみついていたものが、
とるに足らないものであったとはじめてひとは気づく、
そして本当に大切な方向へ進むことができる。

 

このような失敗に対しての捉え方は、
私自身無意識に行なっていたとしても、

このように言葉にして人に伝えることは出来ない捉え方でした。

すごく衝撃的で新鮮で希望のある言葉でした。

人生とは、
実は、どれだけ失敗したか、
どれだけ不必要なものをそぎ落とすことができたのか、
絶えず、つきつけられる。
一つ一つ不要なものを、
そぎ落としていく旅なのかもしれません。

 

そのために、勇気をもって、チャレンジに 自分自身の身を晒す。

失敗を恐れてはいけない。
捨て去ることを恐れてはいけない。

その先に、今では想像もできない「本質の流れ」があるはずです。

日曜日の夜に最後まで読んでいただき大変ありがとうございました。