おはようございます。一週間日本にいなかっただけでだいぶ季節が変わっています。
なにせ、一週間前は真冬のようでした。今日の朝は大変温かいです。おいしい空気です。
もうすぐ新年度ですね。

当院も今年の7月で開院一周年となります。
一周年へ向けて少しずつまた、がんばっていきたいと考えています。

さて、今回 ポカラ訪問時 食に関して特に強く感じさせられました。

とにかく

ポカラの食事はおいしい!

その中でも、強く日本の食に危機感を感じたのは、牛肉でした。
実は、ポカラで牛肉を食べたとき、
最初正直いって「おいしくない」と思いました。
しかし、一口目が終わったあと
どんどん体が、食べたくなるのです。
そして、すべて食べ終わり
すっきりとした満足感で いっぱいになり
感謝の気持ちがあふれてきました。このような体験ははじめてでした。

最初「おいしくない」と感じたのは、

なぜか?

冷静に考えてみますと
私は、私の家族が肉好きだったせいもあり
小さな頃から、 霜降り の肉がおいしいとの経験を 積んできました。

何かのお祝いのときには、「おいしい」肉でお祝いし
楽しい 夕食をすごしたものです。

その経験、と 楽しい経験が関連づき いつのまにか

霜降り肉がおいしいと 経験で 思い込んでいた可能性があります。

そのため、期待した味と異なり、
第一印象がまずいとの印象になったのだとおもいます。

同時に
こんなエピソードを耳にしました。

震災後 出荷できなかった福島の肉牛が、
出荷の日を過ぎて 脂肪肝からの肝硬変で死亡したとのことです。

この事実をどのように、皆さんは受け止めますか?

この事実は、肉牛の出荷前は、脂肪肝で死ぬ直前とのことを指し示しています。
今の日本人は、病んでいる牛を食べておいしいと言ってる可能性があります。

私には次のような仮説があります。

本当に健康であれば、美しい
本当に健康によい食べ物は、おいしい
本当に健康な元気のよい食べ物はおいしい
本当に健康によい時間は楽しい
本当に健康によい運動は 気持ちよい

脂肪肝で 死ぬ間際の肉を食べて本当の意味でおいしいでしょうか?
実は その味は世間の雰囲気、常識、経験などからくる 「思い込み」で
覆われてはいないでしょうか?

本当においしい味を考える、

このことは健康を獲得する上で大変重要なことです。

そのためにはどうすべきか、

自分の「思い込み」を一枚ずつはがしていく
そして
自分のなかにある原始感覚をあらわにしていく。
この作業には近道はありません。
しかし、方法論はあります。

人間の感覚は、最初は疑ってかかるくらいがちょうど良いです。怪しい物です。
例えば、ものすごい 臭い部屋を想像してみてください。
入った瞬間 うっってなりますよね。 でも
そこで一週間泊まり込みで生活しますと、そのにおいはそのうち気にならなくなり
ひどい場合には におわなくなったりします。

また当院に来院される患者さんの中には
生まれてこのかた、肩こりはしたことないとおっしゃる方がいます。
そのかたの99%の肩はこりで石のようにこちこちになっています。
付き添いの方にいつも確認していただくと、皆さんおどろかれます。
今感じている感覚をすべてゼロベースに持っていき、真っ白な自分で判断する。
そして本物を感じる訓練をする。
このブログに書くことは すべてそこへつながっています。

すこしずつ書いていきますね。今日も読んでいただき大変ありがとうございました。

健康獲得方法のご提供にむけて