child putting waste in binおはようございます。

相武台地方はすこし暑さは和らいでおります。今のうちに体調を整えてくださいね。

さて、私達相武台脳神経外科のスタッフは、木下晴弘さんの勉強会を時期をみて受講させて頂いております。
そこで、大変興味深いお話を頂いたのでシェアさせていただきます。

まず、人は

愛されたい欲求を満たされた経験:+のトラウマ
防衛反応が侵害された経験:−のトラウマ

それぞれのトラウマが蓄積され、それらが、「生きグセ」を形成する。というお話をいただきました。

そのトラウマによって形成された「生きグセ」からの行動は、本当の自分からの行動ではありません。

人の成長は、本当の自分を、自覚し行動に体現できるようになっていくことだと私は考えています。

であれば、本当の自分を自覚し、体現するためにはどうすればよいでしょうか?

言葉上は、その「生きグセ」をなおす。

つまり長年積み重なった、+、−のトラウマを一枚一枚剥いでいく作業が重要です。

では、どのようにして剥いで行けばよいのか?

木下先生は、
現実において自分自身が嫌いな感情をいだいてしまう相手は、自分がタブー視している行動を平気でしている人間であり、

嫌いな人と付き合うことは、自分のトラウマと向き合うこと。と教えて頂きました。

その、嫌いな人を好きになるための手法も同様にいくつか教えていただけましたが、
その手法が、なぜか私には、あまり腑に落ちませんでした。

そこで静かに、自分のこれまでの人生を振り返り、自分が成長した時を思い起こしてみました。

そして私なりの、生きグセの治し方、トラウマの外し方を、皆さんにお伝えしたいと思います。

なにか、皆さんご自身の方法がありましたら、コメントなどにシェアしていただけますと幸いです。

私は、振り返ってみるとトラウマを外すために2つのことを重点的に行なっていました。

①自分が尊敬する方向で限界の外れた人間に、実際にあってお話する。縁を作る。
②本来の自分とは、自然と調和した状態と私は考えており、本来の自分へ向かうため自然に触れるようにしている。

①はブログでも紹介していますが、私は多くの限界を超えた人物に実際にお会いするようにしています。

私は、人間は完全ではなく、全ては正しいというわけではないとの前提のもとで限界を超えた方に触れることは自分の限界と思い込まされていたトラウマを外すよい機会になると考えていますし、実際に自分自身振り返ると成長出来ていると評価しています。

②は究極的な本来の自分は、自然と完全に調和ししずかな存在感を放つ存在と私は考えています。自然に調和するためには、自然に触れるのが一番です。

自然に触れるとこうしなければいけないというトラウマからの思い込みが外れます。

自然にふれるために、海山へ行くことはもちろんですが、私は、一番身近な「自然」も活用しています。

私の一番身近な自然とは、実は、

「自分自身」です。

盲点となっているかもしれませんが、

人間の自分自身もれっきとした自然の一部です。

それを感じる作業。自分を感じる作業。自分を通して自然の流れを感じる作業。

「坐禅」

は自分にとって大切な時間です。

日々、日常の喧騒に揉まれながら、何度も大きなトラウマを背負いながら、

少しずつ着実にトラウマを外す作業を繰り返す。それが私自身の成長の手段です。

トラウマを少しずつおろし、身を軽くする。

これが,

「先天にかえる。」

という道ではないでしょうか?

今日も最後まで読んでいただき本当にありがとうございました。